ユナイテッド

ヤングの移籍が完了

マンチェスター・ユナイテッドは、アシュリー・ヤングのインテル・ミラノへの移籍が完了したことを発表した。

34歳のヤングは、2011年の夏にユナイテッドに加入し、261試合に出場して19ゴールを記録した。

金曜、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ヤングについて言及し、「アシュリーは、新たな冒険に挑戦したいという気持ちを持っていて、もうすぐ35歳になる。これまでクラブのために精一杯尽くしてくれた」と語った。

「彼がチャンスを得たら、我々はYesと言うべきだ。クラブへの忠誠を誓ってくれた選手へのオファーが届いた」

「幸運を祈る。これがマンチェスター・ユナイテッドのやり方。長い間尽くしてくれた選手が去り、また新たな選手が現れるんだ」

マンチェスター・ユナイテッドは、アシュリーの功績に感謝し、今後の成功を心から願っています。

ユナイテッド
ヤングは、以下のメッセージと共にこの画像をソーシャルメディアに投稿

ヤングからお別れのメッセージ

ソーシャルメディアを通し、ヤングがクラブ、世界中のユナイテッドサポーターに向けて、メッセージを送った。

「マンチェスター・ユナイテッドへ。クラブが自分にレジェンドとプレーする機会、トロフィーを獲得する機会、史上最高の監督の下でプレーする機会、そしてクラブのキャプテンを務める機会を与えてくれた。この8年半、クラブの一員にしてもらえて感謝している」

「それからユナイテッドファンのみんなへ。みんなのユニフォームを着てピッチに立った時、みんなはいつだって全力で僕を応援してくれた。良い時も、悪い時も、全力でサポートしてくれてありがとう。僕は、みんなと同じ立場としてクラブを離れる。またすぐにアウェイエンドで会おう」

おすすめ: