バルサ

バルセロナはウエスカとドロー

バルセロナは、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲーム前に、リーガエスパニョーラで主力に休養を与えることができた。

ユナイテッドは、来週火曜日にカンプ・ノウでバルセロナとのチャンピオンズリーグ準々決勝 第2戦を戦う。オールド・トラッフォードでの第1戦に敗れたユナイテッドは、週末プレミアリーグでウェストハムと対戦し、2-1で勝利を収めた。一方のバルセロナは、リーガ最下位のウエスカとのアウェイゲームを0-0のスコアレスドローで終えた。

リーガ首位を走るバルサだったが、今シーズンがスペインのトップリーグで1年目のウエスカに苦しめられた。

バルサ
1995年以降最年少となる平均24歳以下のイレブンでウエスカと対戦したバルセロナ

エスタディオ・エル・アルコラスの遠征には、リオネル・メッシは休養のために帯同しなかった。また、ルイス・スアレスと、元ユナイテッドのジェラール・ピケは出場停止で、セルヒオ・ブスケツ、セルジ・ロベルト、イヴァン・ラキティッチは負傷によりウエスカ戦を欠場した。

エルネスト・バルベルデ監督は、4選手にリーガデビューの機会を与えることを決断。MFのリカルド・プーチ、DFのジャン・クレール・トディボ、ジェイソン・ムリージョ、ムサ・ワゲが出場した試合は、リーガに昇格したウエストサポーター7638人が待ちわびた一戦だったに違いない。

勝ち点2を取りこぼしたバルサだが、残り6節で3勝をあげればリーグ優勝が確定する。その前には、9万9000人収容のカンプ・ノウでユナイテッドと再び激突する。

最近まで負傷欠場していたウスマン・デンベレは、ウエスカ戦に先発出場し、67分までプレー。コンディションに問題ないことをアピールしてみせた。

試合情報

バルセロナ:テアシュテーゲン、トディボ、ムリージョ、ユムティティ、ビダル、ワゲ、アレニャ(81分にアルトゥーロと交代)、プーチ(67分にアルバと交代)、マルコム、ボアテング、デンベレ(67分にコウチーニョと交代)

出場機会のなかったサブ:シレッセン、ネルソン・セメド、ラングレ、ルイス

おすすめ:

  • ユナイテッド 2-1 ウェストハム article

    ポール・ポグバのPKにより、大きな勝ち点3を獲得した。

  • 監督がウェストハム戦を総括 article

    オーレ・グンナー・スールシャール監督がウェストハム戦を振り返った。

関連キーワード