click to go to homepage
ダロト

ユナイテッドライフを楽しむダロト

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、ディオゴ・ダロトにとって、ポルトガルの古巣を助けるのは義務のようなものだった。彼は、チームにミニバスを寄付したのだ。

19歳のダロトは、幼少期に所属したブラガのフィンタス・アカデミーに自動車を寄付した理由を、クリスタル・パレスとのアウェイゲーム前にAonトレーニングコンプレックスで収録したインタビューで語った。

「自分が移籍した時に何も見返りを得ていなかったから、何かの形で恩返ししたいと思っていたんだ。彼らの状況は、知っていたから」と、ダロトは語った。

「力になることが自分の役割。メディアに取り上げられるためにやったわけでもない。今の僕があるのは、彼らのおかげ。僕たちフットボール選手は、あらゆる形で人を助けられる。お金以外でもね。ただ、僕は今回のような形で力になりたかった。彼らにとっても良かったと思うよ」

ダロト
ポルトガルの古巣の力になるのが自分の役目と語るダロト

「昔、父が自分と友人を車で送ってくれたことを覚えている。チームには移動用のバンがなかったからね」

「もっと力になりたいと思っている。ユニフォームもあげたんだけれど、シャツしかないと思われたみたいで、(ミニバス寄贈に)すごく驚いていた」

「ユナイテッドの遠征途中で彼らとFacetimeで話したんだ。良い時間だったよ」

ダロトにとっても、父親の運転で試合に向かう日々は、随分昔の話になった。今は、ユナイテッドのチームバスで移動する日々。次は、パレスとのプレミアリーグアウェイゲームだ。

イーグルスは、前節でレスター・シティーを4-1で下すなど、好調を維持している。ダロトも、難しい試合になると考えている。

「相手のホームで戦う場合は、いつだってタフな試合になる」

ダロト
ダロトが直近で先発出場したのは、今月のフルアム戦

「負傷者も多いから、チーム一丸となってやらないといけない。今まで以上にね。しっかりと準備をして臨めると思うよ」

「前回のクリスタル・パレス戦は良かった。でも今回は、まず自分たちのプレーに集中すること。それからもちろん、相手の脅威に対応できるように準備しないといけない」

セルハースト・パークでの一戦に勝てば、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、クラブ新記録となる就任からのアウェイ8連勝を達成する。ダロトは、1-0で勝利したトッテナム戦、3-0で快勝したフルアム戦に出場した。

ダロト
1月13日にウェンブリーで行われたトッテナム戦で交代出場したダロト

「これまでは非常に良いプレーができているよ」と、彼は言う。「アウェイゲームでのプレーはすごく良い。良い状態を維持できていて、質の高いプレーができている。アウェイゲームは、僕にとっても良い経験」

昨年の夏にポルトから加入したダロトは、シーズン序盤をケガで出遅れた。しかし、終盤戦に出場機会が増えることを期待している。

「ここまでは順調。シーズン序盤はケガをしていて、簡単ではなかった。ようやく出場できて、練習にも参加できている感じ。12月までは、フィットな状態ではなかったからね。フィットネスの状態が良いのは、ここ2、3ヶ月。出場する試合が増えたのは嬉しいよ。これからシーズンが終わるまで、もっと出られるように競い合う」

おすすめ:

  • 最新チーム情報 article

    クリスタル・パレス戦に向け、オーレ・グンナー・スールシャール監督がチーム情報を明かした。

  • オーレが若手の起用を示唆 article

    ヤングユナイテッドトリオの準備は万端。