ユナイテッド

ファン・デ・ベーク「試合のスピードを上げる必要がある」

ドニー・ファン・デ・ベークは、マンチェスター・ユナイテッドで初の公式戦での得点を喜んだ一方で、クリスタル・パレスに3-1で敗れた結果を残念がった。

親善試合を含めてユナイテッド戦が2020-21シーズン7試合目だったパレスは、試合を通してシャープな動きを披露した。

新加入のファン・デ・ベークでは、動きの差に驚いたものの、ユナイテッドも試合の流れを変えられていたかもしれないと語る。

「僕にとってクラブでの初めての試合だったから、勝ちたかった。どういう形での勝利でも構わない。ホームで、しかも3-1で負けてとても残念」と、ファン・デ・ベーク。「本当に悲しい」

「先週の練習は良かった。だから自分のフィーリングもポジティブなものだった。でも今日のプレーは遅かった。ボールを長く持ち過ぎだった。クリスタル・パレスのようなチームとの対戦でチャンスを作るにはもっとスピードアップする必要がある。十分ではなかったね」

ファン・デ・ベーク「スローだった」動画

67分にポール・ポグバに代わって出場したファン・デ・ベークは即ゴールを決め、ユナイテッドは試合終了まで13分を残して1点差に詰め寄っていた。

ドニー自身もチャンスがあると感じていた。そして、パレスがユナイテッドのカムバックを恐れているとも感じたという。

「チャンスはあると思っていた。僕たちが1点を返したら、相手も恐れていた。その数分後に3-1にされてしまった。チームが求めていた形ではなかった」

23歳のファン・デ・ベークは、ファンがいるスタジアムのストレトフォード・エンドでゴールを決められれば良かったと話したが、チームが開幕戦黒星から挽回することしか頭にない。

「オールド・トラッフォードのようなスタジアムで、ファンの前でプレーできたら嬉しいよ。そのほうが良いしね。点を決められたけれど負けた。何よりも勝つことが重要」

「来週はステップアップして、勝たないといけない。すぐにステップアップしないといけない」

「負けたけれど、ユナイテッドのようなクラブでプレーできるのは嬉しい。デビューできたので、チームの力になりたい。次の試合は勝つ」

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ:

関連キーワード