オーレ

リーズ戦に向けたチーム情報

マンチェスター・ユナイテッドの選手たちは、日曜のリーズ・ユナイテッド戦に向け、太陽の下、Aonトレーニング・コンプレックスでトレーニングに励んでいる。

レッズは、インターナショナルブレイク後、全コンペティション合わせた5試合に全勝している。先週日曜のバーンリー戦も、メイソン・グリーンウッドとエディンソン・カバーニが試合終盤にゴールを決めて3-1で勝利を収めた。

そして今週は、今シーズン初めてミッドウィークに試合がないという貴重な機会を得た。つまりは最大限の時間を使ってリーズ戦対策ができるということだ。彼らは月曜夜の試合では、リヴァプールに1-1で引き分けている。

COVID-19の陽性反応が出ていたエリック・バイリーが月曜からトレーニングに復帰していることも、オーレ・グンナー・スールシャール監督にとっては追い風だ。

コートジボワール代表DFは、今シーズンこれまで15試合に出場している。前回プレーしたのはホームでのヨーロッパリーグのACミラン戦と1ヶ月以上前だが、リーズ戦では交代要員として頼りにできるだろう。

しかしアントニー・マルシャルとフィル・ジョーンズはまだ離脱中だ。

マルシャルは3月のフランス代表戦で膝を怪我して以来、戦列を離れている。ジョーンズも膝の負傷で今シーズンは一度もプレーできていない。

木曜のトレーニングには、若手のハンニバルとアントニー・エランガもファーストチームのセッションに加わった。

エランガは、ヨーロッパリーグの準々決勝のグラナダ戦では、2試合とも出番はなかったがベンチ入りした。18歳のハンニバルはまだメンバー入りはしていない。

ハイライト:ユナイテッド6-2リーズ動画

リーズ側のチーム情報

キャプテンのリアム・クーパーは欠場。スコットランド代表のセンターバックは今シーズンこれまで22試合に出場しているが、勝利をおさめたマンチェスター・シティー戦での危険なプレーにより3試合の出場停止処分中で、ユナイテッド戦はその2試合目にあたる。

筋肉系のトラブルで月曜のリヴァプール戦を回避したフォワードのロドリゴとラフィーニャの2人の回復状況は微妙だ。

現チャンピオンとの対戦では、次の11人が先発した。

メリエ、アイリング、ジョレンテ、ストライク、アリオスキ、フィリップス、エウデル・コスタ、ダラス、ロバーツ、ハリソン、バンフォード


おすすめ: