ユナイテッド

バイリーがユナイテッドに感謝

エリック・バイリーは、自身の契約延長を決断したクラブに恩返しする決意を固めている。

25歳のバイリーは、膝の手術から復帰したばかりで、リヴァプール戦、バーンリー戦、トレンメア戦のメンバーに入ったものの、出場機会は与えられなかった。

先日U-23のニューカッスル戦に出場したエリックは、コンディションの良さをアピールした。

「辛い時期を過ごしていた間も、クラブは僕を信頼してくれた」と、バイリーはMUTVに語った。

「自分を信頼してくれたクラブに感謝しないといけない。また試合に出られるようになった時に、ベストを尽くす準備をしておかないといけない。それに、クラブを支える側にいるということも示さないといけない。今後、トロフィーを勝ち取りたい」

「まだ試合は多い。カップ戦にも勝ち残っているし、ヨーロッパリーグもある。プレミアリーグだって、これから試合が多い。これからも練習して、チーム一丸となってシーズンの終わりまで戦う」

バイリーの状態は上がっているが、トレンメアのピッチ状態を懸念し、同試合では起用されなかった。もしかすると、マンチェスター・シティーと対戦するカラバオカップ準決勝 第2戦に出場するかもしれない。

「モチベーションは変わらない。それは、ケガをしていた時も一緒。去年も辛い時期があったけれど、もう過去の話。今は、これから目の前に現れるチャンスを生かす時」

「状態は良いし、チーム練習にも参加している。復帰てい、自信もましているよ。今年は非常に大事な1年になる」

「(トレンメアの)ピッチ状態を考えたら、ケガで長期離脱していた選手が出場するピッチではなかった」

「でも、チームと一緒に行動できて、勝利した姿を見られて良かった。自分は、復帰に備えて準備し、集中している」

動画
ユナイテッド
U-23のニューカッスル戦でのオーバーヘッドを見たか?

前述したニューカッスル戦では、アクロバティックなオーバーヘッドキックでゴールも狙った。バイリーは、トレンメア戦でゴールを決めたハリー・マグワイア、ディオゴ・ダロトと同様に、ファーストチームでゴールネットを揺らしたいと考えている。

「(オーバーヘッドキックは)試合の流れでやったことで、大事なのは、フル出場できたことと、マッチフィットネスを整えられたこと」

「ハリーとディオゴのゴールは、ディフェンダー、それからチームにとって自信になる。復帰を目指す自分にとっても、大きな励みになる」

おすすめ: