ユナイテッド

テン・ハフ「大事な1週間が待っている」

月曜日 23 1月 2023 10:41

エリック・テン・ハフ監督は、アーセナルに敗れたものの、マンチェスター・ユナイテッドが今シーズンの重要な時期に備えていると考えている。

水曜にはカラバオカップ準決勝の第1戦でノッティンガム・フォレストとアウェイで対戦し、そして土曜日にはFAカップでレディングをオールド・トラッフォードに迎え撃つ。

日曜日には、プレミアリーグでのアーセナル戦に3-2で惜敗した。そんなユナイテッドにとって、今後2試合はすぐに立ち直る機会になる。

ミケル・アルテタが率いるチームに敗れた後、エリックは記者会見で目の前の試合について熱心に語った。監督曰く、両試合に向けた準備は万端だ。

テン・ハフ「もっとやれる」

 記事

エリック・テン・ハフ監督が、アーセナル戦を振り返った。

「大事な1週間を迎えるにあたって、選手たちの準備は万端だ」

アーセナルに土壇場で敗れたものの、エリックは自身の指導の下、チームが大きく成長したことを確信しており、今後も継続的な進化を切望している。

「この数ヶ月で、選手たちのメンタリティーがどのように変化したかは見てとれる。しかし、今日の試合で(アーセナル戦)、トップレベルにたどり着くにはまだ道半ばであると気づかなければならない」

「我々はいい状態で、成長もしてきている。いいプロセスにある。しかし、この瞬間も、私はイライラしているんだ」

監督は、前半にリードし、後半に2-2の同点に追いつきながらも、終了間際に失点したことに不満をあらわにした。

監督はチームのミスを悔やんだ。そして、今後の改善点に、集中力を挙げている。

「選手たちには、トロフィーやタイトルを獲得したいなら、メンタリティーを変えなければならないとも話した。トップの試合で、3つも大きなミスを犯し、失点していてはダメだ。特に最後の1点はありえない。試合を感じなければならない」

「トップレベルで、今日のような失点はあり得ない。これではトロフィーを勝ち取れない」

「100%集中し、犠牲を払い、苦しみ、ルールを守り、チームの基本原則に従わなければならない」

おすすめ: