click to go to homepage
フレッジ

「初ゴールは最高」

今夏マンチェスター・ユナイテッドに加入したフレッジが、先週末のウルヴズ戦で決めた初ゴール後のパフォーマンスについて語った。

シャフタール・ドネツクから移籍したフレッジは、加入後初ゴールを決めると、ボールをユニフォームの中に入れるパフォーマンスを見せた。

ユナイテッドは、フレッジのゴールで得たリードを守りきれずに勝ち点3を逃したものの、オールド・トラッフォードで右足でのシュートを決めた瞬間は特別だった。

ウェストハム戦前にMUTVのインタビューに応じたフレッジは「本当に嬉しかった」と語った。

「もうすぐ生まれる息子に捧げるチャンスも得られたしね。このゴールは僕にとって本当に特別なものだった。これからも多くのゴールを決めたい。その第一歩になれば良いね」

「まだまだ多くのことに慣れないといけない。これまでの試合でも、クラブに加入する前と比べてたら、良いプレーができていない。以前よりもフィーリングは良いし、初ゴールを決められて最高だった」

ウェストハム戦はロンドン・スタジアムで行なわれる。25歳のフレッジが再びゴールネットを揺らす可能性もある。フレッジは、ミッドウィークのダービー・カウンティ戦の敗戦を払しょくしたいと言う。

「負けたい選手なんていない。いつだって勝ちたい。負けたら非常に寂しい気持ちになるからね。落ち込んでいるわけにはいかない。顔を上げて、もっと練習して、二度と同じようなことにならないようにしないと」

「教訓になった。学んで、前の試合のような気持ちを持ち続けて、強くなって次の試合に臨む必要がある」

フレッジ 言う

僕たちはマンチェスター・ユナイテッドなわけで、どのチームと対戦しようと下を向くわけにはいかない。精神的にも、戦術面でも強くならないといけない。

「ウェストハム戦への準備はできているよ。プレミアリーグでは、毎試合が戦い。ウェストハム戦も一緒で、簡単な試合にはならない。オフに新選手を獲得した素晴らしいチームだ」

「彼らは強いチームだけれど、僕たちはマンチェスター・ユナイテッドなわけで、どのチームと対戦しようと下を向くわけにはいかない。精神的にも、戦術面でも強くならないといけない」

フレッジは、夏にラツィオからウェストハムに移籍した、元チームメートのフェリペ・アンデルソンとの対戦を楽しみにしている。

「彼とは、2009年からブラジル代表で一緒にやってきた。コパアメリカにも一緒に出場したし、オリンピックにも出た。すごく尊敬していて、親友だね」

「彼がウェストハムと契約して、僕がマンチェスター・ユナイテッドと契約した時、対戦することについて話したよ。今シーズンの彼の成功を願っているし、上手く対応してもらいたいとも思う。でも、勝つのは僕たちであって、彼らではない」

アウェーゲームでの応援に感謝 article

アウェーゲームも熱心にフォローするレッズのサポーターたち

ウェストハム戦動画