click to go to homepage
監督

トップ4の可能性について言及

ジョゼ・モウリーニョ監督は、トップ4浮上のため、結果を残し続ける必要があると語った。

ミッドウィークのユヴェントス戦に2-1で勝利したものの、エティハド・スタジアムでのシティー戦には3-1で敗れ、インターナショナルブレークを迎える結果に。

アントニー・マルシャルのPKで1点を返したものの、ダビド・シルバ、セルヒオ・アグエロ、イルカイ・ギュンドアンにゴールを許し、ブルーズが勝ち点3を獲得している。

で・ヘア
ダビド・デ・ヘアでもブルーズを止められず。

2チームの違いについてSky Sportsから聞かれた監督は「勝ち点12だ。勝ち点12差が我々の違いだ。チームは成長している。今日は3点を奪われたが、守備でも成長している。個人のミスを除けば、守備でもポジティブなパフォーマンスと言える」とコメント。そして、こう続けた。

「シーズンが開幕してからの序盤戦では、バック4の責任で多くの失点を喫したと言ってもいいだろう。今日のケースはそれとは異なる。ミスが多かったので、その代償を支払った。ただ、シーズン開幕時期から、我々との間には、ポテンシャルの部分で違いがあったのは明白だった」

「昨季の2位という成績は素晴らしかったと思う。今季はトップ4を目指してやっていく。それが自分たちに可能な目標だ。今は4位にも入れていなく、難しい日程をこなしている。アウェイでのチェルシー戦、マンチェスター・シティー戦が続けば難しい。3連勝は不可能に近い。目標達成に向けて、今やっていることを形にしていこうと思う」

プレミアリーグ次節は、11月24日にホームで行なわれるクリスタル・パレス戦だ。ジョゼは、現実的な目標について聞かれると、次のように答えた。

「我々はトップ4外のチームだ。この状況で優勝について言えると思うのか? 優勝について言うには、トップ4にいないといけない。勝ち点差を縮めて、トップ4を目指す。もしトップ4に浮上できたら、その時に違いが生まれているかを見てみよう」

ルカク
エデルソンのファウル受けてPKを獲得

ダービーを総括 article

モウリーニョ監督が、敵地で敗れたシティー戦を振り返った。

シティー 3-1 ユナイテッド article

今回のダービーを制したのはマンチェスター・シティー。