click to go to homepage
ヤング

ジョゼ「ヤングは重要な戦力」

ジョゼ・モウリーニョは、アシュリー・ヤングのこの2年での成長を褒め称え、来季もマンチェスター・ユナイテッドの重要なメンバーになるだろうと話した。

多様性のあるプレーを特徴とするヤングは、木曜のウェストハム戦に出場すれば、ユナイテッドで全コンペティション合わせて200試合めとなる。

今季はおもに左SBを主戦場とし、これまで36戦に出場、2ゴール(そのうち1点は古巣のワトフォード戦)、7アシストを記録している。

ヤング
11月の月間MVPに選ばれたアシュリー・ヤング

ウェストハム戦を翌日に控え、ジョゼ・モウリーニョはMUTVに、今年7月で33歳になるヤングについて、度重なる怪我を乗り越えながら着実にレベルを上げているその姿勢について称賛の言葉を贈った。

「わたしがこのクラブに来た頃は、あまり多くの試合に出ていなかった。ここ数シーズンは怪我も多く、この先ハイレベルでプレーできるか疑わしい状態にあった」

 

ウェストハム戦情報 article

ルカクとフェライニは欠場。ジョーンズとサンチェスは出場可能

「しかしこの2年間、我々は彼をキープし続けた。昨シーズンの終わり頃には大きな怪我も負ったが、それでもできるだけ多くの試合で彼を起用し、いまでは重要なメンバーとなった。(ギャレス・サウスゲイト監督のイングランド代表メンバーとして)ワールドカップ行きの可能性もあるだろう」

「彼は2年前よりはるかに素晴らしい選手だ。私にとって大事なのはそこだ。来年も彼は我々にとって重要な戦力となることだろう。いま200試合めなら、来季で250に届くようにね」。