click to go to homepage
マタ

マタ「彼は素晴らしいGKであることを証明した」

やぁ、皆。今回は、ウェンブリーから戻ってきてから更新している。皆の想像通り、6連勝はチーム内の雰囲気をポジティブなものにしてくれている。

先週ドバイでチームの皆と過ごした時間は良かった。今回のようなキャンプで感じられる一体感を味わえたし、太陽の下での練習も力になる。なによりも、ロンドンでの試合に向けてしっかりとした準備ができた。

ウェンブリーには、良いフィーリングで行けた。トッテナムは非常に手強い相手。序盤からプレッシャーをかけられたけれど、ハーフタイムまでに先制できた。

ポール(ポグバ)のファンタスティックなパス、それにワンダーボーイ(マーカス・ラッシュフォード)の完璧なフィニッシュからね。後半は、予想通りスパーズに苦しめられた。それは本当のこと。それでも、ダビド(デ・ヘア)がまたやってくれた。

トッテナム戦ハイライト動画

彼は昨日の試合で、素晴らしいGKであることを証明した。後半の45分に、記憶に残る形でね。まるで、相手がゴールを決めるのが不可能に思えたくらいだった。

どこにボールを蹴られようと、必ず最後は彼の手元に収まった。素晴らしかった。

彼のおかげ、そしてチームのハードワークのおかげで、順位を上げるために重要な勝ち点3を獲得できた。次の週末は、ブライトンを歓迎する番だ。誰だって、自分たちのファンの前で連勝を伸ばしたいものだからね。

僕にとって、先週の木曜は重要な瞬間だった。マドリードで、国民的なスポーツ賞を受賞できた。

最高の朝だった。家族も授賞式に来てくれたし、今回の賞は、この1年半続けているCommon Goalの活動を認めてもらえたということでもある。もちろん、この活動は、これからも成長していいく。

僕が王宮で受賞した賞は、僕たちのアイディアを共有し、それぞれが考える方法で支えてくれ、イニシアチブをとってくれている皆の賞でもある。それに、映画Campeonesの関係者と時間を過ごせたのも、うれしいことの一つだった。

それじゃぁ、また。

フアン

フアン・マタのブログ全文は、こちらから。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

トッテナム戦を総括 article

スールシャール監督がウェンブリーでの勝利を振り返った。

トッテナム 0-1 ユナイテッド article

マーカス・ラッシュフォードのゴールを守りきり、大きな勝ち点3を獲得。