オーレ

オーレ「選手たちのコンディションはバッチリだ」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、Aonトレーニング・コンプレックスでトレーニングが再開後、初めてインタビューに応じた。

下のビデオからもうかがえるように、選手たちはソーシャル・ディスタンシングのルールを厳守しながら、小グループに分かれてトレーニングを行なっている。プレミアリーグは、来月にも再開が期待されているが、その時に備えて、選手たちのコンディション調整は順調だと指揮官は話した。


グラウンドでの練習は最高!動画

「トレーニングが再開できたことは素晴らしい。選手たちも本当によくやっているよ。天気も良いし、楽しんでいる」オーレは、MUTVグループチャットでのインタビューでそう話した。

「安全にトレーニングが遂行できることを示すことができていると願っている。そうすれば次の段階に進むことができるからね。トレーニンググラウンドに戻れて、本当にうれしいよ。

みんな体にキレもあるし、気分も上がっている。トレーニングは4、5人の小グループに分かれて行なっているが、とてもうまくいっている。より大人数のグループでできる段階に移れることを願ってるが、今のところは順調だ」。

「選手たちはみなよく自己管理できている。フィットネスコーチのチャーリー(オーウェン)やキエラン(マッケンナ)、マイケル(キャリック)、マーティン(パート)らが常に気を配っていたからね。彼らはほとんど休んでいないじゃないかな!

ビデオでのセッションも頻繁にしていたし、ここ数週間はより具体的な段取りも進めていたんだ」。

先週のトレーニング風景には、ポール・ポグバやマーカス・ラッシュフォードの姿もあった。リーグが中断された3月の時点では2人とも怪我で療養中だったが、今では回復している様子だ。

彼らの状態についても満足しているとスールシャールは話した。リーグが再開する頃には、2人ともチームに復帰できるだろうと指揮官は考えている。


「2人とも良い感じだ。みんなと同じトレーニング内容をこなすことができた。その影響も出ていないみたいだ。

再開する時には、全員が出場可能な状態になっているんじゃないかな」。

2ヶ月もの間、自宅で個人練習を続けるのは、選手にとっては過酷なことだった。それを乗り切った選手たちの精神力を称えたオーレは、安全が確認され次第、通常どおりのトレーニングに進める状態にあると話した。

「フットボーラーである以上、プレーがしたい。第一段階では、まずみんなで集合することが許された。小グループでのトレーニングだが、みんな楽しんでいる。

全体練習ができるようになるにはもう少し時間はかかるだろうが、選手たちはみな精神的にも身体的にも準備はできているよ」。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: