ユナイテッド

アーセナル戦前最新チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドは、新たな負傷者なしで日曜に行われるアーセナルとのプレミアリーグを迎えられる。

ミッドウィークにはチャンピオンズリーグでRBライプツィヒと対戦して5-0で圧勝するなど、今シーズン最高のパフォーマンスを見せたばかりだ。

オーレ・グンナー・スールシャール監督によれば新たな負傷者はいないとのことで、2006年以来となるオールド・トラッフォードでの勝利を目指すミケル・アルテタ監督のチームをホームで迎え撃つ。

今月はじめにFCポルトから加わったアレックス・テレスは、現在まで1試合に出場しているが、次の出場はしばらく待つことになる。

ライプツィヒ戦後、オーレはテレスが新型コロナウイルス検査で陽性という結果が出たことを明かした。幸い、テレスにコロナウイルスの症状は見られていない。

オーレは定例会見で「アレックスは出られない」とコメント。「彼以外は、今のところメンバー候補だ」

監督は、MUTVとのインタビューでも「(チームの状態は)良い」と話している。

「(水曜の試合から)負傷者出ていない。毎試合のインテンシティを考えれば、これはチームにとってプラス。どんどん状態は良くなっている。フィットネスとキレも上がり、スピードも上がってきた。準備万端で(日曜の試合を)迎えられるだろう」

テレス以外には、エリック・バイリーとジェシー・リンガードが離脱中で、2人は11月のインターナショナルブレーク以降に復帰予定だ。

ライプツィヒ戦で2020-21シーズン初ゴールを決めたアントニー・マルシャルは、トッテナム戦でレッドカードを受けた影響により出場停止中。アーセナル戦で3試合の処分があける。

オーレは、今季まだ出番のないセルヒオ・ロメロとフィル・ジョーンズについても言及。ロメロはAonトレーニングコンプレックスでの練習に復帰し、手術を受けたジョーンズはリハビリ中で、復帰まで1ヶ月以上を要するとしている。

「セルヒオは今週から練習に戻った。プレシーズンの練習をしているところで、これから他のゴールキーパーと一緒にピークに持って行く」

「フィルはケガをして、手術を受けた。復帰に向けて全力で取り組んでいる。12月中にコンディションが上がれば良いだろう。ケガをすれば、それが自然なこと。復帰するため、彼は一生懸命にやっている」

アーセナル情報

1-0でレスター・シティーに敗れた試合で筋肉を痛めたダビド・ルイスは、出場が微妙な状態。

ディフェンダーのカルム・チェンバーズ(膝)、ロブ・ホールディング(太もも)、パブロ・マリ(足首)は長期離脱中。ストライカーのガブリエウ・マルティネッリは練習に復帰したが、3月以降プレーしていないため、マッチフィットネス不足の状態だ。

センターバックのウィリアン・サリバは、U-23の試合に出場するなど、アーセナルデビューに近づいている。アルテタ監督は、ダンドーク戦でローテーションを行い、トーマス・パーティ、ピエール・エメリク・オーバメヤン、アレクサンドル・ラカゼットに休みを与えた。

アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: