ハリー

シティー戦直前チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、火曜に行われるカラバオカップ準決勝第1戦のマンチェスター・シティー戦に出場するメンバーについて、最新の情報を明かした。

ドローに終わった土曜のエミレーツFAカップ、対ウルヴズ戦ではメンバーをローテーションしたが、この試合ではハリー・マグワイアとタヒス・チョンが打撲を負った。

来週、オールド・トラッフォードで再試合が行われるため(日時については後日発表)、過密スケジュールに対応すべくオーレはこのシティー戦では新たにメンバー変更を講じる必要が生じている。レッズが目指すのは、シティーの3年連続の決勝戦進出を阻止し、レスター・シティー対アストン・ヴィラ戦の勝者とウェンブリーで決勝を戦うことだ。

第1戦は敵陣のエティハド・スタジアムで行われる。12月のプレミアリーグの対戦でユナイテッドが2-1で勝利したゲンの良い場所だ。

マルシャル
先発イレブン復帰を目指すアントニー・マルシャル

ジェシー・リンガードとアントニー・マルシャルは、体調不良によりモリニューでのウルヴズ戦を欠場した。ポール・ポグバとスコット・マクトミネイも怪我のため欠場が続いている。そのため、プレー可能が微妙な状態にあるマグワイアらについては、火曜の試合ぎりぎりまで、コンディションを見極めるつもりだ。

「(マグワイアについて)判断するのはまだ尚早だ」とMUTVに話したオーレ。

「試合開始までは36時間あるから、彼や他の選手についてもじっくりと見極めたい。

いずれにしても、グラウンド上で追い込むトレーニングが必要な時ではない。ミーティングやリカバリーを行う予定だ」


リンガードとマルシャルについては、「全員がプレー可能な状態になることを願っているが、確定はできない。復帰のスピードには個人差がある。彼らについても、ギリギリまで様子をみたい」と話した。

ウルヴズ戦ではダビド・デ・ヘアに代わってゴールを守ったセルヒオ・ロメロがクリーンシートを達成。途中出場したディオゴ・ダロトは、10月のニューカッスル戦以来初めてシニアチームのピッチを踏んだ。

ダロト
ディオゴ・ダロトは土曜のウルヴズ戦で実戦に復帰した

シティーは、4-1で快勝した週末のFAカップ3回戦、対ポート・ヴェイル戦では大幅にメンバーを変更。テイラー・ハーウッド・ベリスやフィル・フォデンら若手を起用した。

ペップ・グァルディオラ監督は、「あまり時間はないが、我々が必勝を期す次の対戦までは2日半の準備期間がある」と話している。

エイメリック・ラポルトは復帰間近だが、ユナイテッド戦には間に合わないかもしれない。しかし同じセンターバックのニコラ・オタメンディは出場可能。ルロイ・サネは依然としてメンバー外だ。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: