ユナイテッド

EL準決勝の相手が決定

マンチェスター・ユナイテッドは、ヨーロッパリーグ準決勝でローマと対戦する。

今回の準決勝進出により、ユナイテッドはインターシティーズ・フェアーズカップを含めて欧州での大会で18回目の準決勝進出。イングランド勢ではリヴァプールが19回準決勝に進出している。

ユナイテッドは、グラナダとの準々決勝を2試合合計4-0で勝利。準決勝ではセリエAのローマと対戦する。

ローマは、オランダで行われたベスト8の第1戦でアヤックスに2-1で勝利し、ローマでの第2戦を1-1のドローで終え、2試合合計3-2で勝ち上がりを決めている。

準決勝の第1戦は4月29日(木)にオールド・トラッフォードで、イタリアでの第2戦は5月6日(木)の予定だ。

グダニスクでの決勝は5月26日に開催される。この日は、ユナイテッドが1999年にトレブル(3冠)を達成した日でもある。

ユナイテッドは、2007年と2008年のチャンピオンズリーグで6回対戦している。オールド・トラッフォードで行われた準々決勝、7-1での大勝劇は記憶に新しい。

ローマには、元ユナイテッドのクリス・スモーリングとヘンリク・ムヒタリアンが所属している。木曜夜のアヤックス戦では、元マンチェスター・シティーのフォワード、エディン・ジェコがゴールを記録した。元バルセロナ、チェルシーに所属したペドロ・ロドリゲスもローマでプレーしている。

アーセナルは、準決勝でビジャレアルと対戦する。

おすすめ: