ユナイテッド

オーレ「速やかな改善が必要」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、クリスタル・パレスとのプレミアリーグ開幕戦後、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちがマッチシャープネスに欠けていると実感し、「速やかな改善が必要」と述べた。

ユナイテッドは、プレシーズン中に1度しか実戦機会を設けずに開幕戦に臨んだが、開幕節の相手パレスはシーズン開幕前に4度の実戦、2度の公式戦を挟んでいた。

試合開始から動きの良かったパレスは、アンドロス・タウンセンドのゴールで先制し、ウィルフレッド・ザハのPKで2-0にリードを拡大。ドニー・ファン・デ・ベークのデビュー戦ゴールで1点を返したとはいえ、後半にザハに追加点を許して敗れた。

相手とのコンディションの差に加えて、議論の対象になりかねないPKを巡るジャッジなどもあったが、スールシャール監督は言い訳をせず、「目が覚めた」と語った。

試合後の監督インタビューの内容は以下の通り。

オーレ、望む形での開幕戦ではなかったと思います。試合の感想は?
とても残念だ。力不足ということがわかった。ゲームタイム、フィットネス、シャープネスという部分で足りていない。速やかに改善する必要がある。今日の試合での勝ち点3は、我々が求めていたもので、必要だったもの。残り37試合あるが、チームの目を覚まさせる試合になった。ただ、ヨーロッパの戦いで勝ち進んだことで直面しないといけない現実でもあった。準備期間が短かったとはいえ、これが現実。言い訳はしない。

相手は今日の試合までに6試合を消化していました。その差がチームのシャープネスに影響を与えたのでしょうか?
もちろん。相手はシャープだった。それは見ればわかる。力強く、戦術が浸透していた。想像していた通りの相手だった。今日の出来よりもチームが良い状態になっていてもらいたいという期待はあった。

シーズン初戦からVARの話を持ち出すのは心苦しいのですが、今日のPK判定は厳し過ぎたようにも見えました。
私の見解では、あれはPKではない。非常に厳しい判定だ。ダビドも素晴らしいセーブを決めたのに、彼に対しても判定が厳しかった。ルールを守るのは正しいこと。彼の足はラインから少しばかり出ていた。だが、どういう結果になっていたかなんて誰にもわからない。あの判定が敗因ではない。

ドニー・ファン・デ・ベークが違いをもたらしました。彼のプレーには満足しているのではないですか?
彼の姿勢とエネルギーは素晴らしい。スペースを見つける動き、嗅ぎつける動きができる選手。彼のような動きが必要だ。決して十分ではなかったが、相手陣内にクロスを入れてもボックス内に十分な人数がいなかった。彼は、そういう動きをチームにもたらした。

今シーズンもミッドウィークに次ぐミッドウィークで試合が多くなります。回復、そして切り替えが重要でしょうか?
回復して、次の試合に向けて準備しないといけない。火曜にはルートン戦が控えている。出場機会を与えないといけない選手もいて、練習して状態を上げないといけない選手もいる。リーグが開幕したのだから、少なくとも準備は整えないといけない。もうシーズンは始まっているんだ。

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: