ユナイテッド

オーレ「まったくもって十分ではなかった」

土曜日 20 11月 2021 19:27

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、プレミアリーグでワトフォードに4-1で敗れた一戦を振り返った。

監督は、後半から交代出場したドニー・ファン・デ・べークがわずか5分でネットを揺らして1点を返したことで、チームの雰囲気が変わったと感じたという。

その後30分ほどは引き分けに持ち込めるのではないかと期待されたが、ワトフォードがハリー・マグワイアの退場を生かして追加タイムに3、4点目を決めたことで完敗を喫した。

監督は試合後のインタビューで次のように語った。

総評

我々はスタートが遅すぎた。ハーフタイムに動き出したようなもの。後半はとても良かった。前半はダメだった。相手は我々を凌駕し、我々は彼らにボールを持たせてしまい、スペースを与えた。相手はほとんどのチャレンジに勝っていた。40分の時点で1-0だったのは幸運だったかもしれない。ダビドはPKを2回も素晴らしいセーブで防いだし、いくつかのブロックもあった。しかし、そのあと2点目が入ってしまった。後半はとても良い反応が見られたと思う。もちろん今はまだ十分ではない。それ以外のことを言うつもりはない。

PK連続セーブで勢いに乗れなかった

逆効果になりかけた。おそらく選手たちは安全だと思ったのだろう。彼らがが何を考えていたのかはわからない。彼らはすべてを捧げている。判断が悪く、十分な反応をみせられなかった。標準を満たしていない内容だ。

交代出場メンバーが効果的だった

アント(マルシャル)とドニー(ファン・デ・べーク)の2人はとても良いプレーをした。これは皮肉なことだ。後半、我々は素晴らしいプレーをして、4、5回のビッグチャンスを作り、ベン(フォスター)に2、3回防がれた。最後の15分で10人になってしまったのはもちろん辛いことだが、それでも後半は懸命にやっていた。

おすすめ: