click to go to homepage
フレッジ

フレッジ「CLデビュー戦は感動的だった」

マンチェスター・ユナイテッドのミッドフィールダー、フレッジが、今週、オールド・トラッフォードで行われるユヴェントスとの激戦を前にUEFAチャンピオンズリーグにまつわる自身の思い出を語った。

ブラジル人MFは、シャフタール・ドネツクに所属していた時代に予選6試合を含むチャンピオンズリーグ戦30試合に出場している。その中には2013年12月、シアター・オブ・ドリームスでレッズに1-0で屈した対戦も含まれている。

デビュー戦はレアル・ソシエダ戦。2-0でドネツクが勝利をおさめた。

「あれはセンセーショナルな体験だった。チャンピオンズリーグはゲームの中ではよくプレーしていたけれど、シャフタールで実際にプレーすることが実現したんだ。あの有名なアンセムをスタジアムの中で聴く・・とんでもなく素晴らしい感情がこみ上げてきたよ」。

フレッジ
2013年のユナイテッド戦ではフレッジは80分間プレーした

「あの瞬間、家族が僕をサポートしてくれたこととか、サッカーを始めた頃の思い出がワッとよみがえってきた。チャンピオンズリーグでプレーできる、ということが、本当に僕を満たされた気持ちにしてくれた。おまけに試合に勝つことができたから最高だったよ」

フレッジはブラジルのインテルナシオナルからシャフタールに移籍し、そこで5年間過ごした。その間国内タイトル3回とウクライナカップにも3度優勝。デビュー戦となった2013年のウクライナ・スーパーカップ、コルノモレツ・オデッサ戦では鮮烈なインパクトを与えた。

「インテルナシオナルは僕を手放したくなかったみたいだ。でもシャフタールにはたくさんのブラジル人選手がいて、彼らからこのクラブはとても素晴らしくて、ここで成長できる、と前からずいぶん聞いていたんだ。だから思い切って飛び込むことにした。おかげでものすごく充実した時を過ごすことができた」

「最初の頃は順応する時間が必要だった。ブラジルのサッカーとヨーロッパのではずいぶん違いもある。デビュー戦で2ゴールを挙げることができたけど、そのあとはしばらく試合に出られなかった。寒い気候に慣れるのも大変だった。でもだんだん慣れていって、シャフタールでの5年間は本当にハッピーに過ごすことができた。彼らには本当に感謝しているんだ」。

フレッジ
フレッジは昨シーズンのローマ戦でフリーキックからチャンピオンズリーグ初ゴールを決めた

500人目のスコアラー article

ウルヴズ戦で初ゴールを決めたフレッジが節目の選手に