ロホ

マルコス・ロホがボカ・ジュニアーズに完全移籍

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、マルコス・ロホがボカ・ジュニアーズに完全移籍することが正式に決まった。移籍金は公表されていない。

現アルゼンチン王者チームへの入団が決まり、30歳のロホは、生まれ故郷へと帰ることになった。

ロホは昨シーズン後半、古巣のエストゥディアンテスに期限付きで移籍していた。その後ユナイテッドに復帰したが、レッズでは2019年11月を最後に試合には出場していなかった。


ロホ
ロホはユナイテッドでの7年間で、4つのトロフィーをともに勝ち取った

マルコスは2014年8月にスポルティング・リスボンからオールド・トラッフォードに加わると、その翌月、レッズが4-0で勝利をおさめたプレミアリーグのクイーンズパーク・レンジャーズ戦でデビューした。

2016年のFAカップと2017年のリーグカップの両決勝戦ではともに左サイドバックで先発出場。コミュニティー・シールドとヨーロッパリーグでも優勝トロフィーを勝ち取った。ヨーロッパリーグ決勝のアヤックス戦は怪我のため出場が叶わなかったが、ストックホルムでの頂上対決に至るまでの過程で、ロホは非常に重要な役割を果たした。


マルコスは、ユナイテッドで計122戦に出場、2ゴールをマークした。

マンチェスター・ユナイテッド関係者一同は、彼のこれからの活躍を祈っている。

おすすめ: