ユナイテッド

ラッシュフォードがフットボール、人生について語る

昨シーズン終盤、マーカス・ラッシュフォードがサポーターから寄せられたさまざまな質問に答えてくれた。

現在、日曜日に行われるクロアチアとのEURO 2020の大舞台に向けて調整中のイングランド代表のラッシュフォードは、トレードマークのトリックであるナツメグ、幼少期に住んでいた家の近くで遠くから街灯にボールを当てようとしたこと、さらに学校や著書のことなど、様々なトピックについて答えた。

引退後に政治家になりたいと思っているのか?

また、一番お洒落なチームメートは誰か、ジェシー・リンガードがいなくなってどれだけ寂しいか、ルーク・ショーとの左サイドの連携はどうなっているのか、などについても話を聞いた。

ジョアン・H(イギリス)。あなたは素晴らしいロールモデルであり、さまざまな形で人々を助けています。今後、ご自身で目指したい目標は何ですか?
そうだね、まず最初に、ジョアンのコメントに感謝したい。僕の場合、明らかにフットボールに集中していて、トロフィーを勝ち取り、大きな試合に出場して、メジャートロフィーを勝ち取りたい。リーグとチャンピオンズリーグ優勝が目標。

モーガンB(イギリス)。パリでPKを取る前に何を考えていましたか?
モーガン、正直に言うと、パリでのPKは試合の終盤だったので、決めれば突破、外せば敗退という感じだったんだ。あれは、得意とする状況だった。あのような状況では自信を持たないといけない。他のことが気になってしまうと、ミスしてしまう。だからこそ、集中力を維持することが大切なんだ。

エリーB(タイ)。ナツメグとエラシコのスキルはどこで身につけたのですか?どれくらいの練習をしたのですか?今シーズン、あなたはヨーロッパで誰よりも多くのナツメグを成功させていますが...。
エリー、君はよく見ているんだろうね。僕はそんな統計を読んだことがないからね。僕の場合、ピッチに立っているときは、ただ楽しんでいるだけ。自由にプレーして、意外な方法でチームをオープンにして、スペースを作り、チャンスを作るようにしている。僕右派プレーしているだけで、ユナイテッドがいつも許してくれているように、ピッチ上で自分を表現することができている。

チャールズ・N(ケニア)。フリーキックは、ベッカムとクリスチアーノのどちらが得意だと思いますか?
僕はたぶんロナウドを選ぶだろうね、純粋にライブで見る機会が多かったからね。でも、ベッカムの映像もよく見ている。幼い頃、サルフォードのクリフでテクニックを練習している彼をよく見ていたのを覚えているよ。

ダニエル・M(アメリカ)。プレミアリーグで突破するのが最も難しいディフェンダーは誰ですか?国際試合ではどうですか?
ダニエル、それは難しい質問だね。個人とチームでは違うと思うんだ。チームによっては、ユニットとして非常にうまく守備をするところもありますし、たとえばバーンリーのように4人ですべてを行うチームもある。一人が押し上げれば、全員が押し上げる。一人が下がれば、全員が下がる。時にはスペースを見つけるのが難しいこともある。でも、ファン・ダイクやラモスなど、個人の能力が高いディフェンダーもいます。親善試合でレアル・マドリードと対戦したときに思ったけれど、ヴァランはかなりタフな選手。何人かいるよ。

Ravichand M(シンガポール)。あなたが持っているすべてのタトゥーの中で、最も重要なものはどれですか?
「最も重要なタトゥーは、左腕に入れた若い頃に亡くなったおばあちゃんのためのもの。一人のために最も多くのスペースを割いているものだから、そうだね。

マットD(イギリス)。あなたが住んでいたButton Laneの緑の反対側にある街灯にまだボールを当てられると思いますか?
正直に言うと、マット、戻って試してみないといけないね。よくわからないけど、子供のころはよくやっていたことだからね。振り返ってみると、30ヤード、40ヤードの距離から、街灯に当てたりするのは難しいね。難しい技術だけれど、もう一度練習すればきっとできるようになると思うよ。

ラッキーA(ナイジェリア):ユナイテッドのNo.10というプレッシャーにどう対処していますか?
あなたの名前が「ラッキー」なのは皮肉だと思うよ。ユナイテッドの歴史上、多くの偉大な選手が着用してきたこのシャツを着ることができて、光栄に思う。僕の場合、プレッシャーは感じていないかな。ただ、先人の足跡や功績を引き継いでいくだけ。でも、僕は僕。自分のやり方でやっている。自分のやり方で上達していきたいと思っている。皆、異なる資質を持ち、それぞれのキャリアで異なる高みに到達している。願わくば、クラブに長く在籍して、それを実現したいと思う。

アリソンW(イギリス)。あなたとルーク・ショーは、ピッチ上で良い関係を築いているように見えますが、それはトレーニングで鍛えているのでしょうか、それとも自然にそうなっているのでしょうか?
アリソン、自然なことだと思う。2人の資質がお互いに補完し合っているのだと思う。大事なのはタイミング。相手の走るタイミングに合わせてパスを美しく見せることができるし、その逆も可能。もちろん努力しているけれど、以前、自然と自分が左にいることに気づいて、いつも彼が私の周りを回るように促し、2人で一人を孤立させてチャンスを作っていたと思う。

ユナイテッド
マーカスのEURO 2020がスタートする

ウェイド・L(南アフリカ)。ジェシーがいなくて寂しいですか?また、今でも定期的に連絡を取り合っていますか?
こんにちは、ウェイド。彼とは連絡を取り合っているよ。最初は、彼がいなくてちょっと不思議な感じがした。でも、いつもフェイスタイムで話しているし、会えるときには会っているよ。正直なところ、彼がピッチ上でうまくやっているのを見て嬉しい。友人としては、彼がいつもの自分に戻った姿を見ることが何よりも大事。願わくば、彼がチームで同じようにプレーしてくれたら、嬉しい。

マットF(イギリス)。最近では、ギグス、スコールズ、ガリー・ネヴィルのような伝説的なワンクラブ・プレーヤーを見かけることが少なくなりました。彼らのようになりたいと思いますか?
もちろん、そうしたいとは思うけれど、今のフットボールは予期せぬことが起こる。例えば、クラブが他の選手と契約したいと思うかもしれないし、スタイルが自分に合わなくなるかもしれない。今後10年から15年の間にはいろいろなことが起こり得る。僕としては、できる限り長くこのクラブでプレーし、キャリアを始めたチームで引退したい。

ガブリエルH(ナイジェリア)。比較的新しくトップチームに加わったばかりの若いアカデミー選手との関係についてはどうお考えですか?
ガブリエル、彼らをできるだけ早く馴染ませることが重要。もちろん、クラブにいるための才能や、トップチームで練習するための才能がなければいけない。もし、彼らに才能があるならば、監督は、今でも、半年後でも、彼らがトップチームでプレーする準備ができていると信じていなければ、彼らを僕たちと一緒に練習させることはないと思う。彼らがそこから多くの自信を得て、自分自身でいなければならないと思う。アカデミーやU-23での活躍を見てきたから、同じ選手、同じ人間でいて、さらに努力すれば、シーズン中に活躍できない理由はないよ。

アデドインA(ナイジェリア)。ビーンズオントーストとエッグオントーストのどちらが好きですか?
ビーンズ・オン・トーストかエッグ・オン・トースト? たぶんトーストに卵かな。しっかり焼いたトーストに目玉焼きを乗せて食べるのが朝食の定番。エッグ・オン・ザ・トーストかな。

Hamisi A(ケニア)。試合前に気合を入れるために、どのような曲を聴きますか?
Hamisi、いろいろな音楽を聴いているけれど、大抵はイギリスの音楽とイギリスのアーティスト。ラップが好きで、アメリカのアーティストの曲も聴く。でも、大体は英国の音楽だね。

ジャックW(イギリス)。あなたが子供の頃、家でよくかかっていた音楽・バンドは何ですか?また、人からは想像できないようなハマっているアーティスト/バンドはありますか?
ジャック:主に聴いているのは、Lil Baby、Santan Dave、Stormzy、Bugzy Malone、Chipmunk、Roddy Ricch、A Boogieといったところかな。アメリカとイギリスのアーティストをミックスしているんだ。

Danivers M(ケニア)。ファッションセンスの良い人、悪い人は?自分のワードローブを選んでもらうなら、誰を選びますか?
Danivers: ベストとワーストは、あなたがどのようなスタイルを求めているかによるよ 。もしあなたがスマートなスタイルを求めているのであれば、ネマ(マティッチ)はいつもかなりスマート。もっと快適で自由なセンスを求めているならポール(ポグバ)かな。みんな一生懸命仕事をして家に帰るわけだから、一番快適なものを着ているのことが多い。

Nimrod P(ハンガリー): こんにちは、Marcus! 私はブダペストの地元クラブでU11のGKをしています。試合中にミスをしてしまった場合、どのように対処しているのか教えてほしいです。瞬時に次の行動に移り、自信を失わずに次の行動に集中するにはどうしたらいいでしょうか?
フットボールの特徴は、実際に試合を見てみると、ミスの多いゲームだということ。誰かがゴールを決めるときも、GKがゴールを守るときも、たいていはどこかの段階でミスがあり、そこからチャンスが生まれる。僕の場合、時にはミスをすることもあるけれど、だからといって諦めない。集中力を切らさず、1試合に2回も3回も同じミスをしないようにしなければいけない。もしミスをしたら、基本に戻ってシンプルにやって、ゲームに戻る方法を考える。

ハリーC(イギリス)。100mを超えるレースでは、あなたとダニエル・ジェームズのどちらが勝ちますか?
ハリー、ダンは100mで勝つだろうけど、実際にはそんな距離のレースをしたことがないんだ。彼はチームの中で最も速い選手の一人なので、おそらくジャモだね。

Doreen K (Kenya): これまでに100mを走ったことがありますか?その場合、最速タイムはわかりますか?
若い頃に走ったことがある。11.4だ秒ったと思うけれど、15歳か16歳の若いときだった。でも、陸上競技は楽しいよ。フットボールでは、100メートルのような直線的な走りではないと思うんだ。チョップや方向転換ができなければならないし、あまり練習したことがない。

ランC(アメリカ)。マーカスさん、あなたのゲームの中で、世界のストライカーの頂点に立つために努力していることはありますか?
僕の場合は、得意なことをさらに上達させることだと思う。ゴールを決めたり、アシストしたりする能力をさらに向上させて、チームが試合に勝つチャンスを増やしたいと思っている。それは、ポジショニング、ラン、さまざまなタイプのラン、ボックス内での動き、そしてフィニッシュのテクニックなど。だから、改善しようとしていることは幅広い。

ハリーJ(イギリス)。2年生のときに先生が『ハリー・ポッター』を読んでくれたことが、私の人生を変えたのです。子供たち、特に勉強が苦手な家庭の子供たちが、物語を読む喜びを感じる機会を得ることはどれほど重要ですか?
これは非常に重要なことだと思うし、自分自身が取り組んでいることでもあり、子供たちにもう少し興味を持ってもらえるように促したい。あなたがおっしゃったように、機会に恵まれない子供たちに、少なくとも本を手に取って読むという選択肢を与えることが重要。これは自分が現在直面している課題のひとつであり、改善しようとしていることでもあるんだ。

キースP(イギリス)。あなたのお気に入りの本は何ですか?
こんにちは、キース。お気に入りの本は「Relentless」という本で、どちらかというと精神的な面に関する本。この本を読んだとき、私は大きく成長することができたと感じたし、スポーツの面で精神面をより強固なものにしてくれた。おそらく、前に触れた質問と少し似ていて、ミスをしたときのことなど、気にしてはいけないことが書かれているんだ。90分のゲームで、1つのミスが15分も続き、気がついたらハーフタイムになっていて、最後の10~15分はゲームに入れていないことだってある。だから、集中力を切らさないようにしているんだ。時間があると、本を読んでいる。数ページでも20ページでも、頭の体操になるので、少しずつ読んでいるよ。

Allen D(イギリス)。マーカスさんは、ご自身が政治の世界に入ることは考えられますか?
アレン、その答えはノーだね。政治家になりたい人は、若い頃からの夢であり、やりたかった仕事だと思うんだ。僕は幸運にもフットボールを通じて自分の夢を実現する機会を得られた。この競技は消耗するゲームであり、精神的にも難しいスポーツ。だから、引退したら、少し休んで、その後のことを考えると思う。

ナイルズT(南アフリカ):アシュトン・オン・マージー(学校)での生活はどうでしたか?また、なぜ教育はすべての若者にとって重要なのでしょうか?
誰もがトップレベルに行けるわけではない。誰もがトップレベルで活躍できるわけではないし、フットボール全般で活躍できるわけでもない。保証はないのだから、学校の勉強をしっかりやって成績を上げ、大学に進学するか、良い仕事に就いて自分と家族を支えなければならない。

サムP(アイルランド)。マタはサッカー界で最も親切な男ですか?
サム、フアンは僕が会った中で最も素敵な男の一人だよ。彼は素晴らしい人だと思うし、素晴らしい人というだけでなく、ピッチ上では素晴らしい選手でもあるんだ。彼は若い選手にもよく接していて、いつも声をかけ、アドバイスをしている。僕がチームに入ったときも、彼が助けてくれた。彼は当時から変わっていないよ。彼は今の若い選手を助けてくれるし、お手本だよ。

おすすめ: