ユナイテッド

ラッシュフォードが手術

金曜日 30 7月 2021 15:22

マンチェスター・ユナイテッドは、マーカス・ラッシュフォードについて以下の声明を発表した。

「マーカス本人、監督、クラブメディカルスタッフ、専門家による協議の結果、彼は肩の怪我を治すため、近日中に手術を受けることになりました」

「彼は今後、可能な限り早く復帰するためリハビリに専念します」

ユナイテッドとアディダスが2021-22アウェイキット発表 article

象徴的な1992年のユニフォームから着想を得た新たなジャージー。

「マーカスは、イングランド代表としてEuro 2020に出場し、ガレス・サウスゲート監督率いるチームは決勝まで勝ち進みましたが、PK戦の末にイタリアに敗れました」

「マーカスは、2020-21シーズンにはクラブと代表で合計64試合に出場しており、オーレ・グンナー・スールシャール監督が率いるレッズの国内外での優勝争いに貢献するために、これまで以上に良い状態で復帰したいと考えています」

「先月、イングランドのキャンプに参加した際には、手術を受ける可能性について次のように述べていました」

『明らかに、僕は自分の最高のパフォーマンスを発揮できていないし、自分ができると思っているパフォーマンスもできていない』

『その原因が何であれ、シーズン序盤からずっと続いていることなので、あまり関係ない。僕はユナイテッドでなんとかシーズンを乗り切ることができた』

オーレが新契約締結の喜びを語る article

契約を延長したオーレ・グンナー・スールシャール監督とのインタビュー。

『この1年を振り返って、休暇を取るべきだったなどとは言えない。それは自分の考え方ではない。僕はただ、すべての試合に出場したいだけなんだ』

先日、ユナイテッドのレジェンドであるブライアン・ロブソンにこの状況について話を聞いたところ、「つまり、もし弱点があるのなら、もし彼が手術を受けるべきだとアドバイスされたのなら、すぐに手術を受けるのが一番」と答えた。

「私はイングランドに戻ってから手術をして、その後のキャリアでは二度と問題はなかった」

おすすめ:

  • 2021-22アウェイキット 動画

    2021-22アウェイキット

    ドクター・ジョン・クーパーが2021-22アウェイキットを紹介