ユナイテッド

周囲を驚かせたいグリーンウッド

メイソン・グリーンウッドは、マンチェスター・ユナイテッドのファーストチームで戦う1年目の今シーズン、すでに満足してもおかしくはないゴール数を記録しているが、さらに得点を決めたい、というハングリーな精神の持ち主だ。

18歳のグリーンウッドは、先月のエミレーツFAカップ、トレンメア・ローヴァーズ戦でPKを成功させ、2019-20シーズンのゴール数が10に到達した。

昨年の9月にオールド・トラッフォードで行なわれたヨーロッパリーグのアスタナ戦で初ゴールを決めたグリーンウッドは、プレミアリーグ、カラバオカップ、U-21イングランド代表、プレミアリーグ2で戦うユナイテッドのU-23、それからLeasing.com Trophyでもゴールを決めた。つまり、今シーズン出場した全ての大会でゴールを決めたことになる。

グリーンウッドは、Aonトレーニングコンプレックス内のアカデミービルディングでMUTVのマーク・サリバンとのインタビューに応じ、1年前に敵地で行なわれたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグでのデビューから現在までを振り返った。

動画
ユナイテッド
MUTVとのインタビューを受けるメイソン・グリーンウッド

「全てのことがあまりにも早く進んでいて、わきまえないといけない。監督や、チームメートの話に耳を傾けないといけない」

「ここまで大変だったけれど、なりたい自分には程遠い。これからも努力し続ける」

「ただ、もしシーズン開幕前に、誰からから『マンチェスター・ユナイテッドでの1年目に10ゴールを決める』と言われたら、喜ぶと思う。それができた今、もっとゴールを決めたい」

今後もっとも改善が必要な部分について聞かれた彼は、「ヘディングでのゴール。ユースチームでも、3点か4点しか決められていない」と、答えた。

「ファーストチームではまだなので、今シーズン中に決められたら嬉しい」

「ヘディングを練習して武器になれば、あと2ゴールか3ゴールは余計に決められていたと思う。もっと練習すれば、もっと点が取れるようになる」

動画
ユナイテッド
今シーズン、プレミアリーグでのグリーンウッド得点集。

メイソンは、ゴールネットを揺らす方法を学習する上で、オーレ・グンナー・スールシャール監督を完璧なお手本と感じている。

「オーレの存在は大きい。監督もゴールについては知っているし、言葉にも説得力がある。皆が彼の話に耳を傾けている。僕も助けてもらっている。キーラン(マケンナ)も同じで、ユースでの1年目に指導してもらった。今は彼もファーストチーム」

グリーンウッドは、昔からサポートしたクラブを代表し、大舞台でプレーするという夢を実現させた。

「本当に驚いているんだ。マンチェスター・ユナイテッドのファーストチームのドレッシングルームにいて、オールド・トラッフォードのピッチに出て行っているのだからね」

「言葉では上手く説明できない。本当に嬉しい。ゴールを決めた後の笑顔でわかってもらえるくらい。現実とは思えない」

「クラブの歴史に名を残したいし、できるだけたくさんゴールを決めたい。ユナイテッドでトロフィーを勝ち取りたい。それは、アカデミー出身の全員が思うこと。すぐに勝ち取れたら嬉しい」

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: