ユナイテッド

メイソンが11番を選んだ理由

金曜日 23 7月 2021 13:31

メイソン・グリーンウッドが、マンチェスター・ユナイテッドで重みのある背番号11を選んだ理由を明かした。

グリーンウッドは、3-1で勝利した2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ・ラウンド16、パリ・サンジェルマン戦でデビュー。

当時の背番号は54で、17ゴールを記録した2019-20シーズンは26番を着けた。

そして2020-21シーズン開幕前、ライアン・ギグスやジョージ・ベストが背負った11番を継承することが発表された。

ファンとのQ&Aで、インドネシアのIlham Wから背番号について聞かれたメイソンは、11番を選んだ理由について、こう答えた。

「これは、マンチェスター・ユナイテッドにとって象徴的な番号。だから選んだんだ」

「このシャツを着られることに誇りを持っている。だって、ライアン・ギグスらが何年も身につけて着た番号だからね」

「過去に着用した選手の功績を考えると、とても大きな要求だった。僕は、この挑戦を受け入れる。そしてベストを尽くしたい」

クラブ歴代最多出場記録を持つギグスは、1991年にデビューし、963試合に出場した。

グリーンウッドもこれから出場試合数を重ねていく立場にある。ちなみに、ライアンがデビューから3シーズンで記録した通算ゴール数より、メイソンがデビューからの3年で積み上げた得点数の方が多い。

ギグスは、1990-91、1991-92、1992-93シーズンで19ゴールを記録。メイソンは2018-19、2019-20、2020-21シーズンで29ゴールをマークした。

プレミアリーグ優勝13回のレジェンドは、40歳まで現役を続け、目を見張る記録を数々打ち立てた。それでも、若いグリーンウッドがこれまでに残した数字を考えれば、ライアン・ギグスのような偉大な存在と比較されて当然と言える。

おすすめ:

  • サンチョのユナイテッド移籍が完了 article

    ジェイドンが2026年までの契約(1年の延長オプション付き)にサインしたことを発表。

  • サンチョがレッドに! 動画

    サンチョがレッドに!

    移籍手続き終了後、サンチョは「これが僕のクラブ、自分にふさわしい居場所」と語った。