ユナイテッド

マンチェスター・シティー 6-3 マンチェスター・ユナイテッド

日曜日 02 10月 2022 17:13

マンチェスター・ユナイテッドは、日曜日の午後、マンチェスター・シティーとのアウェイ戦に6-3で大敗を喫した。

シティーはハーフタイムの前にリードを4点に広げ、さらに後半に2ゴールを追加した。

前半、アーリング・ハーランドとフィル・フォーデンのゴールにより、シティーは勝ち点3を手中に収めた。後半には、両選手がハットトリックを達成した。

しかし、エリック・テン・ハフ監督が率いるチームは6-3で敗れた。

ベルナウド・シウバと競るジェイドン・サンチョ

シティーは立ち上がりから優勢で、ユナイテッドのゴールを脅かすまでにわずか3分しかかからなかった。ケヴィン・デ・ブライネのシュートはセーブされ、ベルナルド・シウバのシュートもブロックされた。

そのわずか5分後、シティーはフォーデンのシュートでリードを奪った。シウバがボックス内にパスを出すと、マークを外していたフォーデンがボールをゴールに蹴り込んだ。

ユナイテッドはボールを保持するのに苦労したのに対して、シティーはフリーキックを獲得すると、イルカイ・ギュンドアンがポストを叩いた。

30分が経過すると、シティーはハーラントのシュートでリードを広げた。デ・ブライネが放ったCKにノルウェー人FWが頭で合わせ、ゴールラインを割った。

さらにその4分後、デ・ブライネからのボールに反応したハーランドが、この試合2点目となるゴールを記録。そして、ハーフタイムのホイッスルの直前には、ハーランドがフォーデンの2点目をアシスト。このゴールは、3点目と同じように、フォーデンがファーポストでデ・ヘアの頭上越しにシュートを決めた。

後半ゴールを決めたアントニー

後半開始からも劣勢だったユナイテッドだが、アントニーが希望の光を放つ。60分前にアントニーがわずかな望みをかけて中へ切れ込みシュート。カーブをかけたボールはエデルソンを越えて、シティのゴールへ。

しかし、その希望も、65分にこの試合3点目となるゴールを決めたアンストッパブルなハーランドによって、すぐに消えた。前半に交代で入ったセルヒオ・ゴメスからの低いクロスを、ハーランドがゴールに押し込んでハットトリックを達成したのだ。

そして、ホームのファンの前でトリプルプレーを達成したのは、彼だけではなかった。72分には地元出身のフォーデンがニアポストからデ・ヘアを抜く強烈なシュートを放ち、6-1に。

後半に交代出場してゴールを決めたアントニー・マルシャル

マルシャルは怪我から復帰後、2得点。まずはフレッジのシュートをブロックされたセカンドボールを頭で押し込んだ。

90分にはPKを獲得し、マルシャルがチームの3点目を記録。しかし、アントニーが先制したように、マルシャルのゴールにあまり意味はなかった。

試合情報

マンチェスター・シティー:エデルソン;ウォーカー(41分にゴメスと交代)、アカンジ、アケ、カンセロ;ギュンドアン(75分にラポルトと交代)、デ・ブライネ(75分にアルバレスと交代)、シウバ;フォーデン(75分にマフレズと交代)、ハーランド、グリーリッシュ(75分にパーマーと交代)

出場機会のなかったサブ:オルテガ、カーソン、���ィアス、ルイス

得点:フォーデン(8、44、72分)ハーランド(34、38、65分)

マンチェスター・ユナイテッド:デ・へア;ダロト、ヴァランヌ(40分にリンデロフと交代)、マルティネス、マラシア(45分にショーと交代);マクトミネイ(59分にカゼミーロと交代)、エリクセン;アントニー、フェルナンデス、サンチョ(70分にフレッジと交代);ラッシュフォード(59分にマルシャルと交代) 

出場機会のなかったサブ:ヒートン、エランガ、ロナウド、ペリストリ

得点:アントニー(56分)、マルシャル(84、90分) 

イエローカード: ダロト(2分)、マラシア(23分)、フェルナンデス(80分)

おすすめ: