ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッド 2-1 バルセロナ

木曜日 23 2月 2023 22:51

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでバルセロナを相手に2-1で勝利を収め、ヨーロッパリーグのベスト16に進出した。

第1戦と同様、ロベルト・レバンドフスキのPKでバルセロナに先制を許し、ユナイテッドはビハインドを背負った。

しかし、後半早々にフレッジが同点ゴールを決めると、残り20分となったところでアレハンドロ・ガルナチョのシュートがブロックされた後で最終的にアントニーにボールが渡り、アントニーがファーに見事なシュートを決めて、逆転。

このままリードを守り切って勝利を収め、興奮冷めやらぬオールド・トラッフォードで、またしても忘れられないヨーロッパでの思い出を作ることができた。

詳細レポートは、後ほど。

ロベルト・レバンドフスキのPKでバルセロナが先制

前半:PKで先手をとられる

選手たちは、シアター・オブ・ドリームスに集まったファンの大歓声に迎えられ、鮮やかな緑のオールド・トラッフォードのピッチに登場した。

最初の3分間で、ユナイテッドは先制する絶好のチャンスを切り開いた。カゼミ���ロがバルセロナの最終ラインの裏に抜けたブルーノ・フェルナンデスに見事なボールを送ったが、このシュートはマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに阻まれた。バルセロナも攻撃の形を作るも、ハフィーニャが放ったカーブのかかったシュートはポストの上に外れた。

ここで、試合の流れが変わる。フェルナンデスがアレックス・バルデをエリア内で引き倒したと判断され、主審はバルセロナにPKを与えた。バルセロナの9番、レバンドフスキが蹴ったPKにダビド・デ・へアが見事な反応を見せてボールに触れるもネットを揺らし、バルサが先制。

しかし、エリック・テン・ハフ監督は動じることなく、すぐに同点弾を狙いに行く。リサンドロ・マルティネスのボールがフェルナンデスに渡るが、キャプテンはボールをコントロールすることができず、ハーフボレーを放つが決まらない。

デ・へアのパスがエリア手前でセルジ・ロベルトにインターセプトされ、バルセロナに追加点のチャンスが訪れる。ロベルトがシュートを放つが、カゼミーロがこれを阻止し、さらにフランク・ケシエのシュートを阻止してことなきを得て、1-0でハーフタイムを迎えられた。

後半-ブラジル勢

ユナイテッドは、後半開始と同時にヴァウト・ヴェフホルストに代えてアントニーを投入するなど、トップ下を入れ替え、ゴールを狙う姿勢を明確に示した。すると、後半開始から2分もしないうちに同点に追いつく。フェルナンデスがピッチの高い位置でボールを奪うと、パスをもらったフレッジはワンタッチコントロールからシュートを決めて1-1。

その数分後、アントニーがバルセロナディフェンスの裏を突いたが、ラッシュフォードにパスを通す前にアンドレアス・クリステンセンに阻まれた。

後半の大半を支配していたにもかかわらず、再び失点の危険がユナイテッドを襲う。バルデがファーポストへ素晴らしいクロスを送り、これにジュール・クンデが頭で合わせたが、シュートストッパーのデ・ヘアが立ちはだかり、バーの上に弾き出した。その数秒後には、コーナーキックからケシエがロングレンジでシュートを放つも、再びデ・へアがこれをセーブした。

後半開始から2分でフレッジが同点ゴール

その10分後、アントニーのゴールでついに逆転に成功する。

フェルナンデスがエリア近くでボールを奪い、ガルナチョにボールを渡すと、シュート。ガルナチョとフレッジのシュートはブロックされたが、ボールはアントニーの足元へ。アントニーはこのボールをファーサイドのゴール下の隅へ、蹴り込み、興奮冷めやらぬストレトフォード・エンドが揺れた。

このような試合では、終盤のドラマが欠かせない。レバンドフスキが土壇場でシュートを放ち、延長戦に突入するかと思われたが、ラファエル・ヴァランヌが信じられないようなブロックで失点を回避し、試合終了。

ユナイテッドは金曜日のラウンド16の抽選に残ったが、日曜日にはウェンブリーでニューカッスルとのカラバオカップ決勝が控えているため、気持ちを切り替えて次戦に挑む。

アントニーのゴールで逆転

試合詳細

ユナイテッド:デ・へア;ワン・ビサカ(67分にダロトと交代)、ヴァランヌ、マルティネス、ショー;フレッジ、カゼミーロ;フェルナンデス、サンチョ(67分にガルナチョと交代)、ラッシュフォード(88分にマクトミネイと交代);ヴェフホルスト(46分にアントニーと交代)

出場機会のなかったサブ:ヒートン、リンデロフ、マグワイア、マラシア、サビツァー、メイヌー、エランガ、ペリストリ 

ゴール:フレッジ( 47分)、アントニー( 73分)

イエローカード:フェルナンデス(60分)、カゼミーロ(86分)

バルセロナ:テア・シュテーゲン;バルデ、クリステンセン、アラウホ(82分にアロンソと交代)、クンデ;デ・ヨング、ブスケツ、ケシエ;ロベルト(70分にトーレスと交代)、レバンドフスキ、ハフィーニャ(75分にファティと交代)

出場機会のなかったサブ:テナス、トーレ、カサド、ソトレス、ガルシア、アルバ 

ゴール:レバンドフスキ(PK 18分)

イエローカード:ロベルト(60分)、レバンドフスキ(71分)、ブスケッツ(83分)

ラファエル・ヴァランヌの好ブロックでリードを死守

おすすめ: