ユナイテッド

ユナイテッド 1-3 チェルシー

マンチェスター・ユナイテッドの2019-20エミレーツFAカップは、ウェンブリー・スタジアムで行われたチェルシーとの準決勝に3-1で敗れ、終わりを告げた。

ブルーズは前後半にそれぞれオリヴィエ・ジルーとメイソン・マウントがゴールを記録。また、ハリー・マグワイアのオウンゴールによりフランク・ランパード監督のチームは勝利を決定づけた。ユナイテッドは、ブルーノ・フェルナンデスのPKで1点を返したものの、遅過ぎた。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、木曜のクリスタル・パレス戦から5選手を変更。プレミアリーグのトップ4を争うレスター・シティーが、ジョゼ・モウリーニョのトッテナム・ホットスパーに3-0で敗れたという情報が入り、チームの士気は高まっただろう。ユナイテッドは、パレス戦の先発に起用したティム・フォスメンサー、ポール・ポグバ、スコット・マクトミネイ、メイソン・グリーンウッド、アントニー・マルシャルに代えて、エリック・バイリー、ブランドン・ウィリアムズ、ダニエル・ジェームズ、フレッジ、ネマニャ・マティッチをピッチに送った。

開始10分ほどまではポゼッションを保持できたユナイテッドだったが、最初に決定機を作ったのはチェルシーだった。リース・ジェームズのミドルシュートをダビド・デ・ヘアが弾き返してピンチを回避。アーロン・ワン・ビサカのプレッシャーも機能し、マルコス・アロンソのヘディングシュートは枠を外す。

ユナイテ
アントニオ・リュディガーを抜こうとするアーロン・ワン・ビサカ

徐々にスペースを見つけられるようになったフェルナンデスは、フレッジが倒されて得たフリーキックを直接狙うも、ウィリー・カバジェロに阻まれる。

ポゼッションを失った直後にマウントがシュート。その後クル・ズマが前半終了まで6分のところでバイリーと接触。頭同士の接触から立ち上がったバイリーだったが、数分後にはチームメートのマグワイアとも接触して治療を受ける。しばらく治療に時間が割かれ、バイリーは担架でドレッシングルームに運ばれた。

代わってマルシャルが交代出場し、ユナイテッドはフォーメーションを3-4-1-2から4-3-3に変更。マルシャルは、交代出場後すぐにボックス内でズマのチャレンジを受けたが、主審のマイク・ディーンはPKを与えなかった。

前半の追加タイムは11分取られ、ジルーがセサル・アスピリクエタからのクロスに反応。デ・ヘアはボールに触れたが抑えられず、チェルシーが先制した。

ユナイテッ
エリック・バイリーは頭部の負傷で交代

後半も前半の終盤のような形で始まり、マウントのミドルシュートデ・ヘアが止められず、チェルシーがリードを広げる。

ユナイテッドも52分に反撃を開始。フェルナンデスからのロングパスにラッシュフォードが反応して左足でシュートも、わずかにワイド。

マグワイアのヘディングシュートはカバジェロの正面をついてしまい、マウントがさらにシュートでユナイテッドに襲いかかる。

ユナイテッド
今シーズン50試合目の出場となったキャプテン

デ・ヘアはジルーのシュートとジェームズのヘディングを阻止するも、アロンソが左から上げたクロスがマグワイアにディフレクトして、リュディガーが押し込んだ。

ユナイテッドは、交代出場したカラム・ハドソン・オドイがマルシャルをペナルティエリア内で倒して得たPKをフェルナンデスが決めて1点を返したが、それまでだった。

これまでと同様に、ユナイテッドは今後もウェンブリーで良い思い出を作れるだろうが、水曜にはウェストハムとの大事なリーグ戦が控えているため、この試合については早く忘れて切り替える必要がある。

ユナイテッド
終盤にPKを決めたフェルナンデス

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ(79分にフォスメンサーと交代)、リンデロフ、バイリー(45+2分にマルシャルと交代)、マグワイア、ウィリアムズ、マティッチ、フレッジ(56分にポグバと交代)、ブルーノ・フェルナンデス、ジェームズ(56分にグリーンウッドと交代)、ラッシュフォード(79分にイガロと交代)

出場機会のなかったサブ:ロメロ、アンドレアス、マクトミネイ、マタ

得点:フェルナンデス(85分 PK)

イエローカード:ポグバ

チェルシー:カバジェロ、アスピリクエタ、リュディガー、ズマ、アロンソ、ウィリアン(80分にハドソン・オドイと交代)、ジョルジーニョ、コヴァチッチ(86分にロフタス・チークと交代)、マウント(90分にペドロと交代)、ジェームズ、ジルー(80分にエイブラハムと交代)

出場機会のなかったサブ:ケパ、クリステンセン、プリシッチ、トモリ、エマーソン

得点:ジルー(45+11分)、マウント(46分)、リュディガー(75分)

おすすめ: