ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッド 2-1 ウェストハム

オールド・トラッフォードでのウェストハム戦は、ポール・ポグバが2本のPKを成功させ、マンチェスター・ユナイテッドが2-1で勝利を収めた。

オーレ・グンナー・スールシャール率いるチームは、決してトップフォームではなかった。ウェストハムの脅威に晒されながらも結果を残し、激しさを増すトップ4争いに踏みとどまった。

19分にポグバが1本目のPKを決めて先制したユナイテッドに対し、ウェストハムはフェリペ・アンデルソンの得点で同点に追いつく。

後半には交代出場のミハイル・アントニオのシュートがクロスバーに直撃。アントニオのヘディングシュートがゴールに迫ったが、ダビド・デ・ヘアのワールドクラスのセーブで失点を回避すると、アントニー・マルシャルがペナルティエリア内で倒されて得た2本目のPKをポグバが成功させ、勝ち点3を獲得。ユナイテッドは、チェルシーとスパーズを追いかける形を維持している。

ポグバ
ポール・ポグバのPKで先制

試合序盤から落ち着き、より脅威になり得るプレーをしていたのはウェストハムの方だった。

10分には、チチャリートとの連携からアンデルソンがゴールを決めたかに思われたが、オフサイドフラッグが揚がり、無効に。

ウェストハムサポーターは、この判定に怒り、審判に抗議する姿も見られた。

ユナイテッドはボックス内にクロスこそ入れるも、呼吸が合わない。しかし、17分にアントニー・マルシャルからのパスをエリア内で受けようとしたフアン・マタがロバート・スノドグラスに倒され、ユナイテッドがPKを獲得。

ハマーズファンが嘲笑するシーンだったが、ポグバがGKウーカシュ・ファビアンスキとの1対1をきっちり決めて、先制に成功する。

難しい展開が続いたユナイテッドにとっては、これで落ち着きたいところだったが、ウェストハムの勢いは衰えず、再三に渡って最終ラインが攻められるてしまう。

フレッジ
中盤でライスと競るフレッジ

ポグバのゴールによって覚醒が期待されたものの、2点目が遠い。前半はディオゴ・ダロトのワイルドなシュート、クリス・スモーリングのヘディングくらいで、あとはチャンスらしいチャンスを作れなかった。

幸運なことに、アンデルソンのシュートは枠を外れて救われる。また、ゴール前に低いクロスを入れられるも、デ・ヘアが伸ばした足で弾き返し、事無きを得る。

それでも後半早々、ついにウェストハムに同点ゴールを許してしまう。

前半と同様に後半もウェストハムのペースで進んだ中、49分にはデ・ヘアからカウンターアタックを仕掛けられるはずだった。

だが、ポグバとの呼吸が合わずにボールを奪われてしまうと、逆にショートカウンターを受ける側に。マヌエル・ランシーニがファーサイドに出したクロスをアンデルソンに決められ、同点に追いつかれる。

ポグバ
後半にもPKを決めたポグバ。これで再びリードを奪った。

同点とされてから、スールシャール監督は55分にマタを下げてマーカス・ラッシュフォードを投入。

この交代がチームに勢いを与え、スモーリングのスルーパスに抜け出したラッシュフォードが強烈なシュート。GKファビアンスキは弾くのが精一杯の一撃だった。

ラッシュフォードは、63分にもストレトフォード・エンドでヘディングシュートを見せるなど、徐々にユナイテッドが息を吹き返し始める。

75分、スールシャール監督が再び動く。生み出す力が欠け始めたチームを見た監督は、ロメル・ルカクとマルコス・ロホを下げ、メイソン・グリーンウッドとアンドレアス・ペレイラを送り込んだ。

ハマーズのマヌエル・ペジェグリーニ監督も、チチャリート、パブロ・サバレタを下げ、アントニオとライアン・フレデリックスを投入。

ユナイテッド
シニアホームデビューを飾ったメイソン・グリーンウッド

そのアントニオがクロスバー直撃のシュート、続けてヘディングシュートを放ったが、デ・ヘアのスーパーセーブにより失点を回避。

選手交代により流れを変えたユナイテッドは、マルシャルがフレデリックスにペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。

これをポグバが再び決めて勝ち越し、欲しかった勝利を得られた。

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ダロト、ジョーンズ、スモーリング、ロホ(75分にアンドレアスと交代)、マタ(55分にラッシュフォードと交代)、フレッジ、ポグバ、リンガード、ルカク(75分にグリーンウッドと交代)、マルシャル

出場機会のなかったサブ:ロメロ、リンデロフ、ダルミアン、マクトミネイ

得点:ポグバ(19、80分、PK)

イエローカード:マタ

ウェストハム:ファビアンスキ、サバレタ(76分にフレデリックスと交代)、オグボンナ、バルブエナ、マスアク、ライス、ノーブルズ、スノドグラス、ランシーニ(62分にディアンガナと交代)、アンデルソン、チチャリート(72分にアントニオと交代)

出場機会のなかったサブ:エイドリアン、ディオプ、オビアング、ホーランド

得点:アンデルソン(49分)

イエローカード:フレデリックス

観衆:7万4478人

おすすめ:

関連キーワード