テイラー

テイラー「病気のことで自分を定義されたくない」

がんを克服して実戦に復帰したマンチェスター・ユナイテッドのDFマックス・テイラーが、これからは病気のことを自分の代名詞として語られたくはない、と語った。

MUTVでイギリス時間の水曜14:15に放送されるインタビューの中で、19歳のディフェンダーは、自らの体験について、ジョー・トンプソンに詳細に語っている。以前ユナイテッドのアカデミーに所属したトンプソンも、ホジキンリンパ腫を患いながら、復帰してロッチデールでプレーした。そんな似たような経験をもつトンプソンだからこそ、マックスに有益なアドバイスを与えることができる。

先週金曜、U23のサンダーランド戦に途中出場し、初めてオールド・トラッフォードのピッチに立ったテイラーは、木曜のアスタナ戦のメンバーにも招集された。勇敢に病気と闘った彼の強い意志は、報われたのだ。

動画
ジョー
ジョー・トンプソンのインタビューに答えるテイラー

彼が最初に病気の兆候に気づいたのは、2018年の夏、ちょうどU23チームに昇格した頃だった。

「プロ契約を結んだあと、U23チームで最初のプレシーズンだった。最初はしこりのようなものがあると感じていて、そのうち走ると吊るような痛みがあった。これはなにかおかしいな、という感じだった。それに、長めに走ると息切れがひどくて、痛みもあった。毎回、同じ場所に激しい痛みを感じるようになって、

ドクターに診てもらったら、最初はポリープだと言われて、抗生物質を処方された。その後の1週間は快調に過ごせた。でも次の週、また痛みがぶり返して、それどころか痛みはさらにひどくなって、炎症も起こしていた。チームのドクターが専門医を探してくれたけれど、やはり同じ抗生物質を処方されて、今度はもと長めに服薬するようにと。と同時に、念のためスキャンもとっておこうということになり、そこで初めて、がん細胞のようなものがあることが発見された」


世界的なビッグクラブに所属する、健康的なスポーツ青年だった彼にとって、その宣告は大きなショックだった。

「みんな相当なショックを受けた。母親も、義父も、そしてもちろん僕自身も。だって僕はそのとき18歳で、元気いっぱいにプレーしていた。フットボールに関すること以外の出来事が自分の身に降りかかるなんて、思ってもみなかった。しかもそれは、生命の危機にさえ関係することだった。宣告を受けたときに思ったことは『こんなことってありえるのか?』。それから最悪のシナリオばかりを考える。きっと、「がん」という言葉を聞いた人の多くはそうだと思う。『自分は生きられるんだろうか?』って」

昨年10月のスキャンでは、病巣は腹部のリンパ節まで広がっていた。ふたたび手術が必要となり、さらには辛い化学療法がマックスを待っていた。

「がん細胞はすべて取り除かれていたけれど、すでに死んでいる組織が腫れていた。化学療法でがん細胞は消えていたのに、リンパ節は元の大きさに戻っていなかった。再発のリスクを防ぐために、取り出すことを決めた。手術では、肝臓のすぐ近くを切開した。そこに3つのリンパ節があって、そのうちの一つが大動脈に接しているから、相当な危険を伴う手術だった」


マックス
現在はトレーニングに完全復帰しているマックス

幸い手術は成功し、リハビリを経て、マックスは今年の2月中旬、全快と宣言された。「とにかくほっとした」とその時の心境を語ったマックス。「『神様、ようやく終わったんですね』。考えられたのはそれだけだった」

実戦に復帰している今、「もうそのことに固執せず、前進することが必要だ」とマックスは言う。

そこには、クラブスタッフやメディカルチームのサポートもあった。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、テイラーがAonトレーニング・コンプレックスに復帰した日、なにげない会話をかわして彼を和ませた。

「オーレは、ただ普通のことについて聞いてきただけだった。治療の話はしたくなかったから、とてもありがたかった。その頃になると、病気のことをみんなに説明するのにうんざりしていたんだ。そのことはもう過去のこととして、僕は次のステージに集中したかった。そのことから、もう解き放たれたかった。もちろん、まだ付き合っていかなくちゃならないけれど、いまは次のチャレンジに向かっていきたい。

自分が、病気のことでくくられるのは嫌なんだ。それよりももっと、フットボールや人間性とか、すべてを総合して、自分という人物を定義されたい。がんのことで定義されるのは嫌なんだ」

まっkす
Aonトレーニング・コンプレックスのジムで汗を流すマックス

「いまの目標は、U23チームかレンタル移籍して、定期的にプレーするチャンスを得ることだ。そして究極的な目標は、ユナイテッドのファーストチームでプレーすることだ」

その目標は、木曜、カザフスタンで実現するかもしれない。

マックス・テイラーのインタビューは、MUTVでイギリス時間14:15、20:00、23:30に放映される。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ: