開幕

新シーズン、注目の対戦は?

2020-21シーズンのプレミアリーグのフィクスチャーは、木曜のイギリス時間朝9時に公開される。マンチェスター・ユナイテッドサポーターがもっとも注目しているのは、“アノ”相手との対戦だ。

2019-20シーズンが閉幕してからまだ約4週間しか経っていないが、新シーズンは9月12日に開幕する。そして5月23日の閉幕まで、20クラブが38試合をこなす。

ボーンマス、ノリッジ・シティー、ワトフォードが降格となり、あらたにフルアム、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、そして16年ぶりに、リーズ・ユナイテッドがトップリーグに復帰する。

MUTVグループチャット:新シーズンのフィクスチャーについて語ろう動画

リヴァプールとマンチェスター・シティーとの対戦が楽しみなのはいつものことだが、MUTVのグループチャットでの様子を見ると、リーズ戦こそ、皆が待ち望んでいるカードであるらしい。

「リーズ戦は間違いなく楽しみな一戦になるね」そう話したのは、2012年にリーズでプレーした経験のあるダニー・ウェバーだ。

「歴史的には、リヴァプール、マンチェスター・シティー並のライバルだ。彼らとはこれまで数々の名戦を繰り広げてきた。

リーズと契約したときには、ツイッターで相当攻撃されたよ!入団したときはまだよかったけど、出たときはもっと酷かった!

冗談はさておき、彼らは偉大なクラブだ。楽しみな一戦であるのは間違いない」。


依然としてCOVID-19の感染拡大の懸念があるため、サポーターたちのスタジアム観戦がいつ認められるかはまだクリアになっていない。

新シーズンの序盤は無観客で行う可能性が濃厚だ。レッズOBのデイヴィッド・メイは、忠誠心が厚いことで名高いサポーターなしで戦うことは、リーズにとっては不利になるだろうと話した。

「あの雰囲気が実現できないなら残念だね。リーズの昇格が決まって真っ先に楽しみだったのは、『おお!あの熱狂がエランド・ロードに戻ってくるか!』ということだった。それが実現しないなら残念だ。

すぐにまた降格になって、観衆の前でプレーできないなんてことになったりしてね。リーズのあの雰囲気は本当に特別だよ。凄まじいくらいにね」。

19-20シーズンの全ゴール一挙公開!動画

元チームメイトのベン・ソーンリーも同調した。

「リーズにとってはエランド・ロードでのファンたちの応援がないのはきついだろうね」

ソーンリーにとっては、ディフェンディング・チャンピオンのリヴァプールとの対戦も気になるところであるらしい。レッズはアンフィールドでは3年間負けていない。

「リヴァプールとのアウェーゲームはいつだって大注目だ」


「ここ数年のように彼らが上位を席巻するようになる前から、アンフィールドでのリヴァプール戦はなんとしてでも勝ちたい、と思う特別な一戦だった。

もっとも勝つのが難しい場所でもある。リヴァプールは特別だ」。

ライバルたちとの直接対決以外にファンが知りたがっているのは、開幕戦と最終節の相手だ。

クリスマス時期の過密日程はいつも通り。リーグ戦とカラバオカップ合わせておそらく16日間で6試合をこなすことになる。よってこの期間の対戦状況も気になるところだ。ウェス・ブラウンも「ボクシングデーがホームかアウェーかを知りたい。これはものすごく重要さ!」と話していた。

来シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーキットをUnitedDirectで発売中。


おすすめ: