ユナイテッド

マグワイアの背番号が決定

マンチェスター・ユナイテッドに加入したハリー・マグワイアは、今シーズン5番のユニフォームを着用することが決まった。

マグワイアは、プレミアリーグのレスター・シティーからユナイテッドに移籍した。

レスター時代には、キャプテンのウェズ・モーガンが5番を着けていた関係で、15番のユニフォームを着用。

ハル・シティー、シェフィールド・ユナイテッド時代には5番を着け、イングランド代表では6番を着用している。

26歳のマグワイアは、日曜にオールド・トラッフォードで行なわれるチェルシーとのプレミアリーグ開幕戦でユナイテッドデビューを果たす可能性がある。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、金曜の会見で、マグワイアが出場可能な状態か、最新情報を伝えてくれるだろう。

ハリー・マグワイアについて語るリオ・ファーディナンド 言う

冷静で、ボールを持つのも厭わず、守備で相手を閉め出す能力も備え、現役選手の中では、誰よりも優れているように感じる。

長期間ユナイテッドに所属する選手としては、マグワイアは5番のユニフォームを着用する6人目の選手。2017-18シーズン以降は初の選手でもある。

これまでに5番を着けた5選手は、以下の通り。

マルコス・ロホ
2014年にスポルティング・リスボンから加入したロホは、2018-19シーズンから16番に変更する前5番を着用。29歳のロホは、2018年のロシアワールドカップを含め、アルゼンチン代表でも16番を着用している。

リオ・ファーディナンド
ユナイテッドでの1年目には6番を着けたが、2003-04シーズンから5番に変更。それから退団するまでは、5番といえばファーディナンドというイメージが定着した。今週の火曜日、リオはマグワイアを称え、クラブでの成功を願った。

「彼にもレベルアップが必要な部分はあるかって? もちろん、選手全員がそうだ! 彼を知っている多くの人から話を聞いた限り、彼は努力家で、ハードワークを怠らない選手だそうだ。クラブと契約した時にも言っていたが、チームのために110%の力を尽くす」

「近年のユナイテッドの守備に必要だったものは、最終ラインからチームをリードできる気持ちを持った選手。彼をよく知る人たちが自信を持って言っていたことだけれど、そういう力をクラブにもたらしてくれるそうだ」

ハリー・マグワイアについて語るリオ・ファーディナンド 言う

彼を知っている多くの人から話を聞いた限り、彼は努力家で、ハードワークを怠らない選手だそうだ。彼はチームのために110%の力を尽くす。

ローラン・ブラン
ユナイテッドでの2年目となった2002-03シーズンに5番を着用。同年、クラブはプレミアリーグ優勝を果たした。大柄なDFは、ユナイテッドデビューイヤーに6番を着けた。

ロニー・ヨンセン
ノルウェイ出身のヨンセンは、トレブル(3冠)を達成した1999年を含め、6シーズンで5番を着用。在籍中に150試合に出場し、9ゴールを記録した。2002年にアストン・ヴィラに移籍した。

リー・シャープ
背番号が導入された1993-94シーズン以降、最初に長期で5番を着用した選手で、リーズに移籍した1996年まで3年間着用した。

クラブ公式アプリを今すぐダウンロードしよう。

おすすめ: