ユナイテッド

オーレ「個人の前にチームがくる」

月曜日 01 11月 2021 15:32

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、最近の試合に出ていない選手も含め、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちのメンタリティには満足していると語っている。

土曜日のトッテナム戦で勝利したユナイテッドは、次のインターナショナルブレーク前にアタランタ戦とマンチェスター・シティー戦という2つの重要な試合を控えている。先日のリヴァプール戦での敗北から挽回したい監督にとっては、今後2試合で良いパフォーマンスと結果を出すことが目標となる。

スパーズ戦では、マーカス・ラッシュフォード、ジェシー・リンガード、ネマニャ・マティッチの3人が交代出場したが、他の6人の交代選手には出番がなかった。現在はケガ人がいないものの、他の選手はメンバー外だった。

出場していない選手たちのモチベーションをどのように維持しているかという質問に、監督はこう答えた。「マンチェスター・ユナイテッドのチームに完全にフィットした選手がいる場合、質の高い選手がプレーしないことが起こる。最近はそれが続いている」

アタランタ戦チーム情報 article

ユナイテッドは、11月2日にイタリアでアタランタと対戦。

「ベンチで我慢が必要な選手もいる。ただ、チャンスが来た時にそれをモノにしないといけない」

「よく練習しなければならない。私には、彼らを責めることなどできない」

「振る舞いやモチベーションも、自分の中から生まれてこなければいけない。マンチェスター・ユナイテッドでは、常にそうなんだ」

「選手はプレーできない苦しい時期を経験する。その時こそ、選手の資質が明らかになる」

監督は先週の土曜日、トッテナムでの試合でチームが指示に忠実に従ったことについて語った。監督は、選手たちの姿勢に満足している。

「我々のようなクラブには多くの選手がいる。すねたり、チームにエネルギーをもたらさないような選手は要らない」

「先発メンバーに入っていなくても、チームメートをサポートするためにそこにいるんだ。出場すれば、ベストを尽くす。もし出番できなかったとしても、チームのために自分ができる最高のこと(サポート)を考える」

「彼らの姿勢は正しかった。選手がプレーしたいという気持ちはわかる。プレーできなければハッピーにはなれない」

「チームの士気はとても高い。そうでなければならない」

「個人の前にチームがある。それが重要なんだ」

おすすめ: