オーレ・グンナー・スールシャール

オーレ「トップ4にのみ集中」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグの優勝争いに絡むことを希望している。そんな監督は、ライバルの2チームがタイトルを争っている状況を快く思っていない。

今シーズンを通してマンチェスター・シティーとリヴァプールが優勝を争う姿は、ユナイテッドファンには受け入れがたいものだからだ。

水曜のシティー戦の結果が、優勝の行方にも大きな影響を及ぼす。もしシティーが勝利を収めれば、彼らが首位に返り咲く。ユナイテッドが勝てば、あと3試合を残してリヴァプールが優位な立場になる。

オーレは、現時点でユナイテッドの目標は、トップ4へ浮上することと断言している。

試合前日の会見で、監督は「他チームから何かを奪い取るが目標ではない」と語った。

「我々は、彼らを上回りたい。そう思わないといけない。シティー、リヴァプールが相手だからではない。ファンとして、現在は監督という立場としても、すぐ近くにいる彼らのことはよく知っている」

「我々は、ベストなチームになりたい。これまでもベストだったわけで、彼ら2チームがトップにいる姿を見るのは良いものではない」

オーレの目標は、ユナイテッドをイングランドのトップに返り咲かせることだが、トップチームとの差を縮めるには時間もかかる。

「一夜にして全てを変えることはできない」と、オーレは主張する。「それは全員が理解していることで、徐々に実現していくものなんだ。クラブとしても、一歩ずつ進むという現実を直視しないといけない。選手10人を放出して、新たに10人を連れてくる、というような話ではないんだ」

「ゆっくり、しかし確実に進めていくこと。自分たちが目標にしている場所に戻るために大事なのは、適切なクオリティー、人格、意識、スタンダードなんだ」

「この18試合では、彼ら(リヴァプールとシティー)とはあまり差がない。ただ、それをシーズンを通してやらないといけない。後半戦にそのような結果を残してどこまでいけるか、見てみようじゃないか」

ダービーゴール10選動画

オーレは先日、残り5試合で勝ち点12を獲得したいと語った。エヴァートン戦に敗れた今、残り4試合すべてに勝たなければ、目標の勝ち点は得られない。だが監督は、今のチームには実行可能なことと考えている。

「ウチの選手たちには可能だ。ただ、意識は変えないといけない」と、オーレ。「しっかりと準備をしないといけない。ここ数週間の結果について色々と言っているわけにはいかない。準備をして試合に臨まないといけない。フットボールは、流れで変わる」

「幸運にも試合に勝てる時もあれば、不運にも負けてしまうこともある。長い目で考えれば、大事なのはスタンダードであり、アイデンティティー、プロフェッショナリズム。それが選手としての評価、価値に繋がり、最終的に成功を収められる。しかし、短い期間であれば、我々は残り4試合に勝てるだけの力を持っている」

おすすめ:

  • 「ファンのために全力を尽くす」 article

    マーカス・ラッシュフォードがシティーとのダービーに向けた意気込みを語った。

  • 「全力を尽くさないといけない」 article

    ポール・ポグバがダービーを前にファンに全力プレーを誓った。

  • ショーの復帰を喜ぶオーレ article

    3試合を欠場したルーク・ショーが、シティー戦から復帰可能に。

  • 「この状況でダービーは最高の試合」 article

    オーレ・グンナー・スールシャール監督が、ダービーに向けた意気込みを語った。