ユナイテッド

オーレが移籍市場最終日について言及

月曜日 01 2月 2021 15:05

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、1月の移籍市場最終日におけるクラブの動きについて語った。

マンチェスター・ユナイテッドは、イタリアのアタランタからアマド・ディアロの獲得を発表。ディアロの加入に関しては昨年10月の移籍市場最終日に合意していた。

今年は期限付き移籍した選手も数名いる。ファーストチームで210試合に出場して33ゴールを決めているジェシー・リンガードは、今シーズン終了までの期限付きでウェストハム・ユナイテッドに加入。

ファクンド・ペリストリはスペインのアラベス、ジェームズ・ガーナーはワトフォードでのローン移籍期間を終えて今度はノッティンガム・フォレストに期限付きで、タヒス・チョンは同様にブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメンでのローンを終えてベルギーのクラブ・ブルッヘに期限付きで移籍した。

監督は、サウサンプトン戦前日の顔意見で新加入選手、それから退団する選手について聞かれると、こう答えた。

「新たに加わる選手はいない。だから、夜遅くまで起きていないように!」

オーレは冬の移籍市場を総括し、数選手がファーストチームでの経験を積むために期限付き移籍できたことを喜んだ。

最新チーム情報 article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、ホームでのサウサンプトン戦に関連したチーム情報を明かした。

「選手とチームにとってプラスになると考えた決定を下せた」

「チョン、ガーナー、ペリストリのように若い選手は、より出場機会を得られる。それは大事なことだ。我々のチームは結束が固い。有り余ってしまうほど選手はいない」

「ジェシーにも、ウェストハムで頑張ってもらいたい」

おすすめ: