スコット

ワトフォード戦前チーム情報

日曜にオールド・トラッフォードで行われるワトフォード戦で、スコット・マクトミネイが復帰できる可能性があるとマンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が明かした。

マクトミネイは、ユナイテッドが勝利を収めたボクシングデーのニューカッスル戦で靭帯を痛め、以来療養中だが、ホーネッツ戦に出場できる可能性があると指揮官は示唆した。

1-1のドローに終わったクラブ・ブリュージュ戦後に行われた会見でオーレは、

「メンバー入りはできるだろう。今日の試合は休ませたので、明日の様子を見たい」とコメント。

マクトミネイの復帰は予想よりも早まりそうではあるが、

すでに全コンペティションあわせて13試合を欠場している。スールシャールは、スコットランド人MFの復帰は、攻守両面でチームに大きな助けになると話した。

「(回復の早さについては)驚きはない。彼はそういうタイプの選手だ。

彼はフィジカル勝負に強く、リーダーシップもある。タックルにも恐れず、相手のマークを引き付ける。ネマニャ(マティッチ)やフレッジと中盤を堅める、あるいはかきまわす役割をこなしてくれるだろう。

今日の試合(ブリュージュ戦)ではストライカーと交錯して走りこむといった動きに乏しかった。スコットはもとはストライカーだから、ペナルティエリア内へ進入するような動きも身についている」

その他の選手については、体調不良のためブリュージュ戦遠征から外れたメイソン・グリーンウッドが日曜の試合までに回復するかは未定。彼が欠場となる場合は、チェルシー戦とブリュージュ戦で途中出場しているオディオン・イガロの出番が増えそうだ。ワトフォードは彼の古巣でもある。

「古巣相手にゴールを決めた選手は、古巣との対戦だと燃える、とよく言っている。

オディオンの出場時間は徐々に増えている。しかし(先発するかは)メイソンとアントニー(マルシャル)の状況にもよる」


ブリュージュ戦ハイライト動画

ポール・ポグバとマーカス・ラッシュフォードは依然として欠場。ポグバは足、マーカスは背中に故障を抱えている。ティム・フォス・メンサーについての質問はなかったが、彼も夏に膝に手術を受けたあと、まだ実戦復帰していない。

ワトフォードのチーム状況

ホーネッツは、数週間戦列から離れていたイスマイラ・サールとキコ・フェメニアが全体練習に復帰している。しかしユナイテッド戦でメンバー入りするかどうかは定かではない。

欠場が確定しているのはダリル・ジャンマートだ。オランダ人のサイドバックは11月のノリッジ戦を最後にプレーしていないが、ナイジェル・ピアーソン監督によれば、来週のU23チームの試合で実戦復帰できる見込みだ。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: