ユナイテッド

監督が抱える守備ジレンマ

月曜日 14 3月 2022 16:09

ラルフ・ラングニック暫定監督は、ラファエル・ヴァランヌが完全復帰したことで、中央の守備パートナーを選ぶ上で難しい決断を迫られることになったと認めている。

ヴァランヌは土曜日のトッテナム・ホットスパー戦に出場し、ハリー・マグワイアと共にディフェンスの中心を担った。

このペアが起用されで敗れたのは9月のアストン・ヴィラ戦だけで、マグワイアが負傷退場し、ゴールレスで敗れた。

この記録には暫定監督も感心しており、新型コロナウイルスによる欠場を経て、ヴァランヌが再びレギュラーとしてプレーできることを喜んでいる。

しかし監督はまた、週末の試合終了間際にユナイテッドのリードを守るために投入されたビクトル・リンデロフを賞賛している。

「とても重要なことだが、ビクトル・リンデロフのおかげで我々は多くの試合に勝ち、良いプレーをし、多くのクリーンシートを達成した」とラングニックは試合前日の記者会見で語った。

「今、私らにはディフェンスの中心に位置するトッププレーヤーがいる」

「また、最後の10分から15分で途中出場したビクトルは良いプレーをしたが、私が言ったように、ラファが再び完全にフィットしたのは良いことだし、我々が彼の状態を気にかけ、彼の復帰を急がせないようにした」

「今の彼はレギュラーに定着し、チームのために定期的にプレーできる」

ルーク・ショー、スコット・マクトミネイ、ブルーノ・フェルナンデスは、短期間の離脱を経て月曜日にはトレーニングに復帰しており、ラングニックはチームの他のエリアでも大きな決断をしなければならない。

監督は、ここ数週間のように怪我や病気を考慮する必要がないため、そこまで多くメンバーを変更する必要はないと考えている。

明日までに(ブルーノの復帰を)決めなければならないから、先発メンバーに新しい選手が入る可能性はあるが、あまり多くの選手を変える理由はない」と、ラルフは言う。

「そもそも、5、6人の選手を欠くより、全員が使える方がいいんだ」

おすすめ: