click to go to homepage
ルカク

ツアー2017の思い出

Share With

ロメル・ルカクは、マンチェスター・ユナイテッドに入団して間もなく参加した昨夏の北米ツアーが、新天地に順応するための大きな助けになったと感じている。

現在ベルギー代表とともにW杯ロシア大会に参戦中のロメル・ルカク。月曜に行われたグループリーグ初戦のパナマ戦では2得点をあげてベルギーの3-0勝利に貢献した。

昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッドで充実した初年度を送ったルカクは、W杯でも頂点を目指すと意気込んでいるが、それが実現すれば、ユナイテッドとのプレシーズンの北米ツアーを欠席する可能性もある。

ベルギー代表に合流する前、ルカクはManUtd.comとのインタビューで、昨夏のツアーの思い出を語っていた。

ルカクの2ゴールでベルギーが快勝 article

パナマ戦で2得点をあげてベルギーの3-0勝利に貢献。ルカクはW杯で幸先の良いスタートをきった。

2017年のツアーで一番楽しかった思い出はなにかと聞かれると、ルカクはこう答えた。

「全部だよ!なんといっても自分にとって初めてのツアーだったから、すべてが素晴らしかった。一番驚いたのは、選手たちみんなが練習でも戦意をむき出しにして取り組んでいたことだ。負けず嫌いの選手ばっかりだった。そして自分もそう。だから自然に入り込んでいくことができたんだと思う。でも最初は、練習中のゲームで負けたときにあれほど責められるとは想像していなかったよ!(笑)」

「それに、グラウンドの外での仲間意識も強くて、毎日、みんなで一緒に夕食をとった。選手だけじゃなくスタッフも一緒にね。その団結力にも感動したよ」

初めて体験したツアーの思い出を語るルカク 言う

「グラウンドの外での仲間意識も強くて、毎日、みんなで一緒に夕食をとった。選手だけじゃなくスタッフも全員一緒にね。その団結力に感動したよ」

ルカクは、この夏、初めてツアーを体験することになる若手選手にもアドバイスを残した。

「思い切り楽しんでほしい。監督も本当に付き合いやすい人だ。一生懸命練習に励んでいれば、チャンスは与えられる。スコット(マックトミネイ)やマーカス(ラッシュフォード)が格好の見本だ」

「新たに参加する選手たちに言いたいことは、ポジティブな印象を監督に与えること、それから、常にチームのためにプレーしたいという気持ちを忘れないことだ。なにより大事なのはチームだからね」

 

ツアー2018中のすべての試合のチケットは、現在発売中。情報はここでチェックしよう。すべての試合をライブで観ることができるMUTVへの入会もお忘れなく!

ユナイテッドの選手が出場するW杯日程 article

ユナイテッドの選手が出場する可能性があるW杯の日程をチェックしよう