スコット

オーレ「スコットはサー・アレックスのチームでもやれる」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ユナイテッドが2-1で勝利をおさめたトッテナム戦のあと、スコット・マクトミネイを賞賛した。

スールシャールは、ユナイテッドのアカデミー卒業生であるマクトミネイは、サー・アレックス・ファーガソンが率いた黄金時代のチームでも十分通用すると話し、いま現在チームメンバーを構成する上で外すことのできない選手であると明言した。

「現時点で彼は外せないメンバーだ」と明かしたオーレ。

マクトミネイは、先月のヨーロッパリーグのパルチザン・ベオグラード戦の最中に足首を負傷し、続く3試合を欠場した。トレーニングに復帰できたのは、水曜に行われたトッテナム戦の前日だった。


スコット
スパーズのGKガッサニーガにプレッシャーをかけるマクトミネイ

「この試合にはなんとしても出てもらいたかった。彼が中盤で発揮してくれるフィジカル的な要素とリーダーシップは非常に重要だからだ。それに、彼がいるおかげでフレッジがより自由にプレーできる。フレッジもまた素晴らしい。彼もトップクラスだ。彼ら2人のパートナーシップは実に良い。

スコットは昨日(火曜日)トレーニングに参加した。リザーブチームと一緒の軽いセッションだった。彼はものすごくタフな青年だから、自分から「遠慮しておきます」と言うようなことはありえなかった。これまで私は、ギリギリの状態にある選手をあそこまでプッシュしたことはなかった」

 

マクトミネイが、スールシャール監督にとって重要なメンバーに成長していることは間違いない。

「私が着任して以降、彼が初めてプレーしたビッグゲームはリヴァプール戦だったのだが、そこでも彼はトップレベルのプレーを披露した。

彼は日頃から、毎日欠かすことなく、やるべきことをしっかりやっている。いつもきちんと的確に準備している。まさに、チームにほしいと願うタイプの選手だよ」

「彼はプロ意識も高い。名声やスターになることに惑わされない。できる限り最高のフットボーラーになる、彼が目指しているのはそれだけだ。

私が現役時代にプレーしていたチームにも彼はきっと馴染むだろうね。彼はここのアカデミー卒業生でもある。マンチェスター・ユナイテッドが求めているものがなにかを、彼は自覚しているんだ」。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: