ユナイテッド

ショラ・ショレティレがデビュー

ショラ・ショレティレが、ニューカッスル戦でマンチェスター・ユナイテッドでのシニアデビューを果たした。

今月17歳になったショレティレは、試合終了まで数分となってマーカス・ラッシュフォードと交代してピッチに立った。

17歳と19日でのプレミアリーグデビューは、アンヘル・ゴメスの次に早い。

74番を着けたショレティレは、試合終了までに何度かボールにもタッチした。対戦したニューカッスルは、彼にとっての古巣でもある。

ショレティレは、4-0で快勝したヨーロッパリーグでのレアル・ソシエダ戦のベンチメンバーに抜擢された。そして、イタリアでの一戦でデビューを果たしたアマドに続いてファーストチームでの出場機会を与えられた。

ニューカッスル戦後、オーレ・グンナー・スールシャール監督はショレティレを絶賛。今後の試合でもプレーする姿が見られるだろうとコメントしている。

「これからも今のように努力を続ければ、ショラはこれから多くの試合に出場することになる。彼はしっかり練習する選手で、好青年だ。姿勢も申し分ない」

同じくクラブアカデミー出身のラッシュフォードも、試合後にソーシャルメディアでショアタイアのデビューを祝福した。

マーカスのゴールで先制したユナイテッドは、後半にダニエル・ジェームズとブルーノ・フェルナンデスが追加点を決めて勝利した。

今節の勝利により2位に返り咲いたユナイテッドは、来週末チェルシーと対戦する。

おすすめ: