ユナイテッド

即インパクトを残すヴァランヌ

金曜日 20 8月 2021 14:53

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ラファエル・ヴァランヌにマンチェスター・ユナイテッドの選手としての資質が備わっていると考えている。

先週末にワールドカップ優勝経験者であるヴァランヌの獲得を発表。リーズとの開幕戦の前にはオールド・トラッフォードのピッチで記念すべきお披露目が行われた。

サー・アレックス・ファーガソンが若手だった当時の彼を獲得しようとしたときから10年が経ち、ラファエルは初めてチームメートと練習した。

レアル・マドリーでの10年間の活躍により、彼は世界最高のディフェンダーの一人と評価されている。監督は、ヴァランヌにクラブが適していると以前から考えていたという。

入団してからの7日間を含め、ピッチ外でヴァランヌが見せたトップクラスの振る舞いは、彼の人間性を示す重要な要素の一つだ。

「この10年間のフットボールを見てきて思うのは、彼がキャリアの中で何をしてきたのか、それが彼と契約したい理由だった」と監督はは語った。

「彼が10年前にレアル・マドリーに移籍したとき、我々も獲得に近づいていたのは周知のこと。サー・アレックスも会いに行き、あと少しのところだった」

「彼のピッチ上でのパフォーマンス、ピッチ外での態度や振る舞いを見ていると、彼がマンチェスター・ユナイテッドに相応しい選手であることがわかる。そして、我々は彼にマン・ユナイテッドの選手に備わるフィーリングを得てもらいたいと伝え、気持ちが伝わった」

「レアル・マドリーに行ったときから、彼の心の中にはユナイテッドに対する気持ちがあったと思う。そして、我々は間違いなく、何年も何年も彼に思いを寄せてきた」

「彼が手にしたチャンピオンズリーグの優勝、ワールドカップの優勝...彼のすべてが最高レベルだ」

ヴァランヌ独占インタビュー article

新加入ラファエル・ヴァランヌの初インタビューをチェック。

ヴァランヌの長所は、レアル・マドリーとフランス代表で400試合以上を見てきた者にとっては明らかだ。

監督は選手を選ぶ際に個性を重視している。28歳のヴァランヌは、オーレが見たように、常に向上しようと努力している。

「彼は素早く、強いディフェンダーで、空中戦に強く、両足でプレーできる」と、オーレ。

「簡潔に言えば、彼に備わっているものの全ては、監督が求めるものだということ。彼は謙虚で、好奇心旺盛。質問をしてくる」

「彼は、試合でのミスから学ぶのではなく、ピッチに立つ前にトレーニングフィールドで学びたいタイプ」

「彼のすべてに感心している」

おすすめ: