ユナイテッド

監督とポグバがポジティブな話し合い

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、インターナショナルブレーク中にフランス代表のディディエ・デシャン監督がポール・ポグバについて話した内容に関して質問を受けた。

監督は、金曜にAonトレーニングコンプレックスでウェストブロムウィッチ・アルビオン戦前の会見に出席し、リポーターからの質問に答えた。

会見も終わりに近づいた際、一人のリポーターから、ポグバが今シーズンの出場時間に関して納得していないのでは、というデシャン監督のコメントについて意見を求められた。

監督は、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た影響があると返答。そして、今週はじめにポグバ本人と前向きな話ができたことを明かしている。

「ポールは昨シーズンも難しい時期を過ごした。今シーズンはコロナだ」

「フランス代表での3試合は、我々にとっても、ポールにとっても大きなものになった。フランス代表の力になり、彼もリズムを取り戻している。コンディションも上がってきている」

「ポールとは話した。ポルトガル戦の終盤、それにスウェーデン戦では本人も良い状態にあることを実感したはずだ。彼が良いプレーをし、フランスも(ネーションズリーグ決勝ラウンドに)進出した」

「彼はこれからどんどん良くなる。以前も言ったが、ポールは我々にとって非常に大事な選手であり、大事な存在だ。彼が良い状態で、満足してくれれば、これからチーム一丸となって残したい結果にとっても重要だ」

ポグバは、土曜にシアター・オブ・ドリームスで行われるウェストブロムウィッチ戦に向けて調整している。

メンバー発表は、土曜の現地19:00(日本時間22日4:00)頃に発表される。

おすすめ: