ユナイテッド

400試合出場目前のデ・ヘアを称賛

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、マンチェスター・ユナイテッド400試合出場達成を間近に控えながらもメジャートロフィーの獲得に餓えているダビド・デ・ヘアを称えた。

デ・ヘアは、アストン・ヴィラ戦に出場しクラブ399試合出場を果たし、レジェンドGKのピーター・シュマイケルの記録を抜いた。

イギリスとアイルランド国籍以外でもっとも多くの試合に出場した外国人選手となったデ・ヘアは、月曜にオールド・トラッフォードで行われるサウサンプトン戦で400試合出場という節目に到達する可能性がある。

2011年にエドウィン・ファン・デル・サールの後任ゴールキーパーとして加入したデ・ヘアは、これまでに4度もサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞に選出されている。

スールシャール監督は「ダビドはファンタスティックだ。私が着任してから、彼との仕事を楽しんでいる」と、試合前の会見で話した。「彼は、もっと多くの試合に出場したいと言っていた。あと10年はやれるかもね! あとどれだけトップレベルを維持できるかどうかは、彼次第だ」

「今も控え目で、リチャード(ハーティス)、クレイグ(モーソン)、ほかのゴールキーパーと一生懸命に取り組んでいる姿を見ると、嬉しい気持ちになる」

「400試合出場なんて、ピーターより2試合も多いじゃないか! プレミアリーグ、FAカップ、ヨーロッパリーグ、リーグカップで優勝しているが、それでは彼にとって不十分だとお思う」

「もっとトロフィーを獲得するまでは満足できないだろう。マンチェスター・ユナイテッドにこれだけ長く在籍し、より多くのトロフィーを獲得できていないのは、彼のキャリアにとって黒星のようなものだろう。彼もそう感じるようになるだろうね」

「個人の賞は獲得しているが、ダビドは個人賞のことは気にしていないだろう。彼は、チームとして大きなトロフィーを掲げたいと思っているはずだ」

17試合無敗のユナイテッドは、この期間中12試合でクリーンシートを記録している。デ・ヘアは、好調を維持する守備の要だ。

デ・ヘアほどのレベルにあるキーパーなら、失点すれば批判に繋がってしまう。しかし監督は、守護神である彼を支持している。

デ・ヘアをメンバーから外すことを考えたことがあるかと聞かれた監督は、「1秒たりともない。まったくない!」と語気を強めた。「マンチェスター・ユナイテッドのゴールキーパーになるからには、メンタルの強さが求められる。ダビドは気持ちが強い。だからこそ、これだけ長く在籍できているんだ」

「400試合出場を目前にしている。注目される立場になるのを恐れていない。オールド・トラッフォードでのプレーを恐れていない」

「ピッチの上を歩き、実力と気持ちの強さを証明する。彼は非常に気持ちの強い選手だ。彼を外して良いことなど何もない」

レッズのギアで応援しよう!2019-20シーズンのキットをセール価格で販売中。購入はこちらから。商品は在庫限りなのでお早めに。

おすすめ: