オーレ

オーレ「ハマーズ戦は格好のテスト」

マンチェスター・ユナイテッドは、直近のアウェーゲーム8試合で勝ち星をあげていない。しかしそれでもオーレ・グンナー・スールシャールは、ウェストハム・ユナイテッドと対戦する前日の夜は、ロンドンでぐっすり眠れることだろう。

レッズが最後にオールド・トラッフォード以外で勝利をおさめたのは、記憶に残るUEFAチャンピオンズリーグ戦、フランスでのパリ・サンジェルマン戦だ。

あの試合は3月6日。そしてプレミアリーグでは、2月27日にセルハースト・パークでクリスタル・パレスに3-1で勝利したのが最後だ。

今シーズンに入ってからは、サウサンプトン戦とウルヴス戦に引き分けた。しかし指揮官は、日曜のオリンピック・スタジアムでのハマーズ戦については心配していないと話した。

「不安になる必要なんてない。むしろ楽しみだ。どんな解決策が講じられるだろうとね」レスター・シティー戦とヨーロッパリーグのアスタナ戦、2戦続けて1-0で勝利したあと、スールシャールはそう語った。


オーレ
スールシャールとアシスタントのマイク・フェランは次戦を心待ちにしている

「というか、もともと心配性じゃないんだ。それよりも、どこを改善できるか、そこに意識を向けるタイプなのでね。サウサンプトン戦は勝てた試合だったしウルヴズ戦もだ。両試合とも、白星をあげていてもおかしくなかった。

(どんなプレーをしようとも)ピッチは同じサイズで、緑の芝に白い線が引かれている。ときにはあまり考えすぎず、公園でボールを蹴るつもりでプレーすることも大切だ」


マヌエル・ペジェグリーニ率いるウェストハムは、現在プレミアリーグ8位につけているが、勝ち点ではトップ4圏内にいるレッズと同じ「8」で並んでいる。そしてスールシャールは、今後ハマーズはトップ4争いに絡んでくるだろうと考えている。

「昨シーズン対戦したときのプレーや、今シーズンこれまでの戦いぶりを見ても、そうなっても不思議ではないと思うよ」とオーレは、今年4月、オールド・トラッフォードで2-1で辛勝した試合に触れた。

「前回は運良く勝てた。だから今回は、自分たちを試す機会だ。ただ、ここ2戦でクリーンシートをキープできたことはディフェンダーたちにとっては自信になったと思う。

クリーンシートを保てれば、ストライカーたちもずっと気が楽になる。2点、3点、4点をとらなくても勝てる、と思えるからね」

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。


おすすめ:

関連キーワード