ユナイテッド

サウサンプトン 1-1 ユナイテッド

ダニエル・ジェームズが今シーズン4試合の出場で3ゴールを記録するも、マンチェスター・ユナイテッドは10人になったサウサンプトンを相手に1-1で引き分け、フラストレーションの溜まる結果となった。

ジェームズは、10分にアンガス・ガンが守るゴールをこじ開けた。ところが60分に到達する直前にヤニク・ヴァステルゴーアに同点ゴールを許した。ケビン・ダンソが残り20分に2枚目のイエローカードを受けて退場処分となり、ユナイテッドは終盤に畳み掛けるも決勝点を奪えなかった。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、クリスタル・パレス戦でルーク・ショーとアントニー・マルシャルが負傷したため、メンバーを変更せざるを得なかった。今節では、アシュリー・ヤングとフアン・マタを2人の代わりに先発に起用し、前節先発だったジェシー・リンガードに代わりアンドレアス・ペレイラを使った。

ユナイテッド
4試合で3ゴールを決めたダニエル・ジェームズ

ホームチームは、試合序盤からビクトル・リンデロフとハリー・マグワイアにプレッシャーをかけ続けたが、先制点を決めたのはユナイテッドだった。

ポゼッションを死守したスコット・マクトミネイが左サイドに生まれたスペースに見事なパスを通し、ジェームズがインサイドにカットイン。マタのオーバーラップに相手もつられたのを見逃さずにシュートを決め、リーグ4試合で3点目をマークした。

その後もユナイテッドは、21歳のジェームズを起点に攻撃を組み立てる。先制点を奪った直後にも、先ほどと同じようば場面を作ったが、立て続けにフィニッシュさせることはできなかった。それでもボックス外から再び強烈なシュートを放ち、ガンにパンチングで回避することを強いた。

ラルフ・ハーゼンヒュットル監督が率いるセインツは、立ち上がりと同様に前にプレッシャーをかけ続ける。ダニー・イングスのボレーはワイドに流れ、ソフィアン・ブファルのミドルシュートはマクトミネイがブロック。ユナイテッドはリードを保ったまま、前半を折り返した。

サウサンプトンは後半も前に出てくるスタイルを貫き、リンデロフがハーフライン付近でポゼッションを失った好機を逃さず、空いたスペースに飛び出したチェ・アダムスがシュートもミス。少なくとも枠内には飛ばすべき場面だった。

ダビド・デ・ヘアが慌てる場面は60分に近づくまで見られなかった。試合を通じて初めてセインツが獲得したコーナーキックからニアポストのヘディングシュートを弾き返したデ・ヘアだったが、ブファルのクロスにヴァステルゴーアが頭で合わせてゴールネットを揺らし、1-1の同点に。

残り17分、前半にペレイラのユニフォームを引っ張ってイエローカードをもらっていたダンソが、マクトミネイへのファウルで2枚目のカードをもらって退場。数的不利となったサウサンプトンは、吉田麻也を投入して勝ち点1を獲得する姿勢を明確に打ち出す。

ユナイテッド
打開しようとするマーカス・ラッシュフォード

攻撃の起点だったジェームズは、試合終盤にボレーシュート、逆サイドのアーロン・ワン・ビサカへのクロスなどチャンスに絡んだが、決勝点は生まれなかった。

マーカス・ラッシュフォードのシュートも不発で、交代出場のメイソン・グリーンウッドも巻き込むような軌道のシュートでガンに襲いかかるも、勝ち点を分ける結果となった。

試合情報

 サウサンプトン:ガン、セドリック、ヴァステルゴーア、ベドナレク、ダンソ、ホイビュルク、ロメウ、ワード・プラウズ、ブファル(71分にアームストロングと交代)、アダムス(62分にロングと交代)、イングス(77分に吉田と交代)

出場機会のなかったサブ:マッカーシー、スティーブンズ、ヴァレリ、エンルンドゥル

イエローカード:ダンソ、アームストロング

退場者:ダンソ

得点:ヴァステルゴーア(58分)

ユナイテッド:デ・ヘア、ヤング、リンデロフ、マグワイア、ワン・ビサカ、ポグバ、マクトミネイ(82分にグリーンウッドと交代)、アンドレアス(68分にリンガードと交代)、ジェームズ、マタ(68分にマティッチと交代)、ラッシュフォード

出場機会のなかったサブ:ロメロ、ロホ、トゥアンゼベ、チョン

イエローカード:マグワイア、ヤング

得点:ジェームズ(10分)

主審:マイク・ディーン

おすすめ: