ユナイテッド

ノリッジ戦トーキングポイント

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでのノリッジ戦に4-0で勝利した。

マーカス・ラッシュフォード(2)、アントニー・マルシャル、メイソン・グリーンウッドにゴールが生まれ、勝ち点3を獲得。

ミッドウィークに行われたカラバオカップでマンチェスター・シティーに敗れた一戦後、まさに理想的なリアクションだった。

4ゴール

4-0は、チェルシーと対戦したプレミアリーグ開幕戦と同スコアで、今シーズンのホームゲームで4ゴールを記録した4試合目だった。その他の2試合は、ニューカッスル・ユナイテッド戦(4-1)と、ヨーロッパリーグでのAZアルクマール(4-0)戦。プレミアリーグでのノリッジ戦では、同じく4-0で勝った2013年と2014年に続いて、最多得点差での勝利だ。

ラッシュフォードとフレッジにとって節目

ラッシュフォードとフレッジにとっては、記念すべき一戦だった。前者はクラブ史上3番目の早さでユナイテッド200試合出場を達成。ラッシュフォードより早く200試合に到達したのは、ライアン・ギグスとジョージ・ベストのみだ。

中盤でネマニャ・マティッチと懸命にプレーしたフレッジは、ユナイテッド50試合出場を記録した。

鋼の神経を持つマーカス

前回のノリッジ戦では、ゴールキーパーのティム・クルルが話題を集めた。キャロウ・ロードで昨年の10月に対戦した際、クルルはラッシュフォードとマルシャルのPKを阻止したからだ。

後半にPKを獲得し、ラッシュフォードがボールをセットした際、この戦いに視線が注がれたものの、ユナイテッドの10番は落ち着いて成功させた。この得点シーンからも、ラッシュフォードの落ち着きと、動じない精神力が見て取れた。

流れるようなフォワード陣

ユナイテッドは、フアン・マタ、アンドレアス・ペレイラ、ラッシュフォード、マルシャルの4人を前線で組ませ、その効果をhアゥtきした。マタが右ウィング、マーカスが左ウィングとしてプレーし、2人は先制点を生んだ場面以外にも頻繁にインサイドに顔を出し続けた。彼らが中に入ることで、サイドバックを前に進ませ、アンドレアスとマルシャルもサイドに出る。この連動性によりノリッジを苦しめ、相手も対応しきれなかった。

ユナイテッド
2アシストを決めたフアン

見事なマタ

プレミアリーグでは直近7試合先発ではなかったものの、フアンは問題なくプレーに絡んだ。特に、彼の長短のパスは見事だった。

31歳のマタは、勝負を決めたマルシャルの3点目を完璧なクロスでアシストし、今シーズン初のリーグ戦フル出場を果たした。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: