マルシャル

リンガードとマルシャルが間に合う可能性も?

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ジェシー・リンガードとアントニー・マルシャルが、日曜に行なわれるリヴァプールとの大一番に間に合う可能性があると認めた。

両選手は、チャンピオンズリーグでのパリ・サンジェルマン戦で負傷し、2-0でマンチェスター・ユナイテッドが勝利したチェルシーとのエミレーツFAカップ5回戦を欠場した。

Aonトレーニングコンプレックスでの会見前、監督はMUTVとの独占インタビューに応じ、両選手に関する情報を明かした。

監督
スールシャールはリンガードとマルシャルの復帰を希望

「これは願望であって、私の考えでもあるが、アントニーは準備が整うだろう。ジェシーも出場できる状態になってもらいたい。2人のケガはことなるからね」

「これは私の考えというより希望だが、アントニーも同様のケースになればいい。ただ、可能性はある。ジェシーの準備も整ってくれればいい。試合まで数日あるので、どうなるか見てみるしかない。彼らは練習に参加する必要がある」

会見でも、オーレは両選手について、こう述べた。「まだ練習には参加していないが、リカバリーワークを続けている。アントニーは痛めた箇所が異なる。彼は出られるかもしれない。ジェシーもそうなってくれればいい」

チームのプレーにおいて、両選手の重要性について聞かれたオーレは、「全員がチームになんらかの形で貢献してくれている。チェルシー戦では、彼ら抜きでも対応できることを証明した。我々にはオプションがある。大所帯で、良い選手が揃い、全員がプレーしたがっている」

「彼ら(リンガードとマルシャル)も今回の試合に出場したがっているが、あまり出場機会を得ていない選手もいる。もし彼らが出場機会を得られれば、前進になる。そうでなければ、チェルシー戦と同じメンバーになるかもしれない」

リヴァプール情報

 リヴァプールは、フィルヒル・ファン・ダイクが今節から復帰予定。同選手は、0-0に終わったミッドウィークのバイエルン・ミュンヘン戦で出場停止だった。

センターバックのデヤン・ロヴレンはハムストリングの負傷により欠場が濃厚。ジョー・ゴメスは骨折した足首の手術を受けた影響により、数週間は復帰できない見込みだ。

トレント・アレクサンダー・アーノルドは、MFのファビーニョがDFとして起用されたバイエルン戦で復帰した。

おすすめ: