レッズ

2020年12月の月間MVP候補発表

マンチェスター・ユナイテッドの2020年12月のベストプレーヤーは誰か?

オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるレッズは、12月も力強いパフォーマンスを披露した。

欧州カップ戦では、パリ・サンジェルマンとRBライプツィヒに敗れてチャンピオンズリーグから敗退、ヨーロッパリーグに参戦することになったが、カラバオカップでは、準々決勝でエヴァートンを破って準決勝進出を決めた。

プレミアリーグでも、ウェストハム、シェフィールド・ユナイテッド、リーズ・ユナイテッド、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに勝利。マンチェスター・シティーとレスター・シティー戦でも価値あるドローで2位に浮上した。

この間、数々の選手が目覚ましいパフォーマンスを披露。スコット・マクトミネイは、ローター・マテウス風のゴールを決め、グッディソン・パークではエディンソン・カバーニが終盤にヒーロー級の活躍を見せた。

しかし、2020年最後の月間MVP候補にノミネートされたのは、次の3人だ。

ウェストハム戦ハイライト動画

ブルーノ・フェルナンデス

この名前を見てもすでに誰も驚かないだろう。今年2月にデビューしてからこれまで9回あった月間MVPのうち、彼は6回受賞している。果たして7回目が実現するか。

出場試合:

ゴール / アシスト:4 / 4

ベストマッチ:リーズ戦では2得点。ボクシングデーのレスター戦でもゴールを決めた。しかし試合に及ぼした影響力という点では、ウェストハム戦だろう。後半から出場したフェルナンデスは、1点ダウンからの逆転勝利に貢献。その結果レッズは3-1で勝利を収めた。オープンプレーから作ったチャンス8回は、ハーフタイムから出場した選手としてはプレミアリーグ最多だ。

注目スタッツ:2020年、ブルーノ・フェルナンデスが得点に絡んだ回数(32)は、リーグ最多

フレッジ

ブルーノ並にゴールに絡んだわけではないが、ビッグマッチでオーレが頼りにしているミッドフィールダーが彼だ。

出場試合:4

ゴール / アシスト:0 / 0

ベストマッチ:PSG戦では退場処分を受けたが、マンチェスター・ダービーではケヴィン・デ・ブライネを見事に封じ込めた。リーズ戦でもマクトミネイとのコンビで渾身のパフォーマンスを披露。中盤を支配し、相手に強力なプレスをかけては、6-2という大勝の礎を築いた。

注目スタッツ:リーズ戦では、パス成功数(35)、ボール奪取回数(10)ともにチーム最多。さらにタックル(5)とブロック(2)でも、誰よりも多く記録している。

ハイライト:ユナイテッド6-2リーズ動画

マーカス・ラッシュフォード

フェルナンデス同様、彼も今シーズンすでに月間MVP に選出されている。そして今回も有力候補だ。

出場試合:

ゴール / アシスト:6 / 2

ベストマッチ:ブラモールレーンでのシェフィールド・ユナイテッド戦は彼の真骨頂。レスター戦でのゴールは、彼にとってプレミアリーグ50点目だった。そして、なんといっても、ウルヴズ戦での93分のゴールだ。

注目スタッツ:ラッシュフォードより年下でプレミアリーグ50得点を実現したのはウェイン・ルーニーとクリスティアーノ・ロナウドの2人だけ。

マーカスが93分に決勝打を決めたウルヴズ戦ハイライト動画

投票方法

公式アプリで受付中。投票は1月1日に締め切られ、その後受賞者が発表される。

おすすめ: