ユナイテッド

アクセル「ブレークを使って1つにまとまらないといけない」

アクセル・トゥアンゼベは、これからの2週間を使ってマンチェスター・ユナイテッドが再び1つにまとまり、10月20日に行なわれるプレミアリーグ次節のリヴァプール戦を迎えないといけないと語った。

残念ながらセント・ジェームズ・パークでのニューカッスル戦には1-0で敗れたが、アクセルによれば、選手たちはすでに気持ちをオールド・トラッフォードでのライバル対決に切り替えているという。

試合後トゥアンゼベは「相手を長時間抑えられていた」と、MUTVにコメント。「相手が点を決める方法は、カウンターアタックのみだった。決められたゴールも距離のある位置からのもので、崩されたわけではなかった」

「戦術を練り直して、今回のインターナショナルブレークを使って1つにまとまらないといけない。僕たちは、自分たちが取り組んでいることを信じている。結果はついてくる」

「今はタフな段階。次の試合、リヴァプール戦を楽しみにしている。結果を残したい試合だよ」

ユナイテッド
センターバック、右サイドバックとしてプレーしたアクセル

「もちろん、(負傷者の)復帰を待っている状態で、彼らはチームにポジティブな力を与えてくれる」と、21歳のトゥアンゼベは続けた。

「(インターナショナルブレークは)プレーを振り返って、自分たちのプレーを伸ばす時間になる。ポゼッションは保持できたけれど、ファイナルサードを突破できなくて、勝つチャンスを作れなかった」

アクセルは、過去にアカデミーレベルでのリヴァプール戦を経験している。だがシニアでは、次節が初の対決になる。

「いつだってビッグゲーム。アカデミーでも、リヴァプール戦は勝たないといけない試合なんだ。荒い試合になるし、どの年代の試合でもボールの奪い合いになる」

「ファーストチームの対戦でも一緒だと思う。骨の折れるような努力をして、一丸となって結果を残さないといけない試合」

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ: