フレッジ

フレッジ「リーズ戦はイングランド版クラシコだ」

マンチェスター・ユナイテッドのMFフレッジは、レッズとリーズ・ユナイテッドのライバル関係は、「イングランド版クラシコ」だと語る。

“クラシコ”とは本来、スペインで年2回行われるバルセロナ対レアル・マドリーの対戦を指す言葉だが、今週末は、それに匹敵する注目が、エランド・ロードに注がれる。

ユナイテッドはペニン山脈を越え、ヨークシャー地方のライバル、リーズ・ユナイテッドの元へと乗り込む。リーグ戦で彼らと対戦するのは、なんと18年ぶりだ。

サポーター同様、選手たちもこの対戦に興奮している。ブラジル人MFもその一人だ。

「まさに、イングランドのフットボールにおけるクラシコだ。ソーシャルメディアを見ても、みんなの期待を感じるよ」と語ったフレッジ。

ハイライト:ユナイテッド6-2リーズ動画

「ファンはこの試合を待ち望んでいる。もちろん僕たち選手もだ。今週は週中に試合がなかったから、週末への期待はいっそうふくらんでいる。おまけに巨大なライバル相手のダービーだからね」

「タフな試合になることは間違いないけれど、僕たちは今週、しっかり準備してきた」

マルセロ・ビエルサ率いるリーズとのホームでの対戦は、レッズはスコット・マクトミネイが開始3分で2点をあげる大活躍で6-2で大勝している。

しかしフレッジは、16年間もトップリーグから遠ざかっていながら、プレミアリーグで手堅い戦いを続けているリーズは決して侮ることのできないトリッキーな相手だということを熟知している。2週間前には、彼らはマンチェスター・シティーを破り、チェルシー、リヴァプールからもポイントを奪った。


「あれが僕たちのシーズン最高のパフォーマンスだったかはわからない。もちろん6-2はすごい結果だけれどね」リーズ戦が、今シーズンのユナイテッドで傑出した試合だったかと聞かれると、フレッジはそう答えた。「あの試合よりも内容が良かった試合は他にもあったと思う」

「スコットが早い時間帯にゴールを決めてくれたことで、僕らは試合をコントロールすることができた。彼らとの対戦はインテンシティーも高くて難しい。彼らは常に攻撃のチャンスをうかがっているからね」

「でも僕たちもしっかり準備はできている。相手の出方はわかっているし、勝利を手にするべく、全力で挑むよ!」


おすすめ: