ユナイテッド

8月の月間MVPの投票がスタート!

木曜日 02 9月 2021 17:57

マンチェスター・ユナイテッドの2021-22シーズン最初の月間MVPに、ブルーノ・フェルナンデス、メイソン・グリーンウッド、ポール・ポグバの3選手がノミネートされた。

3人はレッズが快勝した開幕戦のリーズ戦でも輝きを放った。ポグバは4アシスト、フェルナンデスは3ゴール、そしてグリーンウッドは見事なパフォーマンスを披露した。

19歳のストライカーは、その後も好調を維持し、アウェー戦でも2ゴールをマークして、サウザンプトン戦での貴重な勝ち点1、そしてウルヴズ戦での勝ち点3ゲットに貢献している。

グリーンウッドは、昨シーズン最後の5月のMVPにものノミネートされた(受賞はエディンソン・カバーニ)。

月間MVPは、ManUtd.comか、公式アプリ上で投票できる。受賞者は土曜に発表される。

ユナイテッド
8月の月間MVPに投票しよう!ノミネートは3選手。投票

8月の月間MVPに投票しよう!ノミネートは3選手。

誰に投票するかを決める前に、3人の8月のパフォーマンスを振り返っておこう。

ブルーノ・フェルナンデス

この18ヶ月間、ユナイテッドのタリスマンであり続けたフェルナンデスは、満員のオールド・トラッフォードでプレーする日を心待ちにしていたことだろう。2020年1月に入団した彼にとって、フルキャパシティのスタジアムでプレーしたのは、ほんの数ヶ月間だけだ。しかし、最高の瞬間を7万人を超えるサポーターがスタジアムに戻ってきた時にとっておいたかのように、ブルーノはリーズ戦で3点をマーク。これまでの素晴らしい活躍にさらに象徴的なパフォーマンスを加えた。

サウザンプトン戦とウルヴズ戦ではアシストやゴールはなかったが、ビルドアップで貴重な働きを見せ、ウルヴズ戦ではオフサイドで無効となった惜しいシュートも放った。昨シーズン、プレミアリーグのアシストランキングで2位に輝いた26歳のMF。クリスティアーノ・ロナウドとのコンビプレーも追い風になるに違いない。

3試合出場

ゴール:

重要スタッツ:ユナイテッドの選手で開幕戦でハットトリックを達成したのは、1977年のルー・マッカリ以来初

メイソン・グリーンウッド

ロックダウンや夏休みなど、長期のブレイクを経るごとに、メイソン・グリーンウッドはステップアップしているように見える。アカデミー時代はまさにそうだったが、ファーストチームでも同様だ。19歳のアタッカーは、開幕からすでに3ゴールと絶好調だ。しかしゴールだけでなく、パフォーマンス全体で印象的なプレーを見せている。センターフォワードとしてもサイドアタッカーとしても、試合運びにより成熟さが見られる。エディンソン・カバーニを見て学んだ甲斐があったのか、動きの質が向上し、よりパワフルで、敏捷性があり、ゴールを決めるための準備が常にできている。サウザンプトン戦とウルヴズ戦でのシュートは特筆するほどパーフェクトだったわけではないが、それでもしっかりゴールにおさめてみせた。9月もこの調子を維持して、メンバーに定着することをメイソンは狙っているだろうが、今の彼は、メンバー落ちさせることはできない存在であることを自ら証明している。

3試合出場

ゴール:

重要スタッツ:ウルヴズ戦でのゴールは、彼のプレミアリーグでの20得点目。マイケル・オーウェン、ロビー・ファウラー、ウェイン・ルーニーの3人だけが、これまで20歳のバースデーを迎える前に20得点を達成している。彼の20歳の誕生日は10月だ。

ポール・ポグバ

「自分にとって一番重要なアシストは、常に次の1本だ」と、今シーズン開始からわずか2試合で5得点をお膳立てした彼は、我々に話してくれた。今季のポグバは、チャンスメイクや得点に絡む動きが冴え渡っている。中盤左サイドでプレーしたリーズ戦とサウザンプトン戦では、あらゆる種類の、そして精度の高いパスを繰り出したポグバは、止めようがないといった感じだった。そしてメイソン・グリーンウッドとブルーノ・フェルナンデスはその恩恵をフルで受けた2人だ。ロナウド、サンチョ、グリーンウッド、フェルナンデス、ラッシュフォード、マルシャルら、才能にあふれた攻撃陣が彼の前を走っているとなれば、ポグバは毎週でも、アシストを狙っていることだろう。

3試合出場

アシスト:

重要スタッツ:プレミアリーグの開幕2試合で5アシストを献上した選手はポグバが初めて

誰に投票する?

投票はすでに受付を開始している。土曜に締め切られ、その後ウィナーが発表される。

おすすめ: