click to go to homepage
ヴァイオレット

バイオグラフィー

スピードとポジショニングセンスにすぐれたデニス・ヴァイオレットは、ユナイテッドで293試合に出場し、179ゴールを決めた。通算ゴール数は、ジョージ・ベストと並びユナイテッドの歴代4位で、1959-60シーズンにマークしたリーグ32ゴールは、現在でもクラブの最多記録である。

1949-50シーズンにアマチュアとしてユナイテッドに加入。17歳でプロ契約を交わすと、その2年後にデビューを果たした。バスビー・ベイブスの一員としてトミー・テイラーとコンビを組み、1956年と57年のリーグ2連覇に大きく貢献した。1958年2月のミュンヘンの飛行機事故に遭遇したが、頭部に軽傷を負っただけだった。 1962年1月にストーク・シティーへ移籍。翌1962-63シーズンにはチームの2部リーグ優勝に貢献した。1963-64シーズンにはリーグカップで準優勝を果たした。 1970年代にバルティモアへ移住し、その後はフロリダで若手選手の育成に努めた。1999年3月6日、脳の悪性腫瘍によりフロリダで逝去した。

省略を読む About デニス ヴァイオレット
  • ポジション

    フォワード

  • English

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v ニューカッスル(A)リーグ

  • 退団